ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

車でMTBを運び、トレイルを走る「バイクパッキング」を開拓する達人【遊戯三昧】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

カーセンサー(雑誌)にて、車を自由に使いこなす遊びの達人たちを特集した連載「俺たち遊戯三昧」からの転載。 今回はマウンテンバイカーとして活動中の北澤肯さんのフォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン(初代)に注目!

▲ゴルフトゥーランは、ゴルフをベースとする7人乗りの小型ミニバンで、エンジンは1.4Lながら力強く、ドイツ車らしい機能的な室内空間も魅力。北澤さんは2015年に新車で購入し、現在までに3.3万㎞を走破した

▲ゴルフトゥーランは、ゴルフをベースとする7人乗りの小型ミニバンで、エンジンは1.4Lながら力強く、ドイツ車らしい機能的な室内空間も魅力。北澤さんは2015年に新車で購入し、現在までに3.3万㎞を走破した

自然と一体になれる新しい旅のスタイル

トレイルヘッド(林道の入口)に止めたフォルクスワーゲン トゥーランの運転席から、引き締まった体形の男性が降りてきた。気持ちのいい秋の景色を確かめながら、リアゲートを開けて、自転車を降ろす。はじめから付いていた後輪も、車内に積んでいた前輪も、見たことのないような太さだ。

「これはファットバイクという、ラフロードも走れる自転車です。僕はこれにテントなどを積んで、自然のなかで走ったり、寝袋にくるまって夜を過ごす『バイクパッキング』というスポーツを楽しんでいます」

と語る、オーナーの北澤さん。青年時代にアメリカのオレゴン州に留学し、そこでアウトドアの楽しさを知った彼は、スポーツという言葉の、本来の意味を悟った。

「日本では競技のイメージが強いですが、本当は自然のなかで体を動かし、自由を楽しむ行為を指すんです。『バイクパッキング』はMTBと、素材や技術の進化で軽くなったアウトドアギアによって可能になった旅のスタイルです」

▲接地面積が広いファットバイクは、ラフロードでも快適。さらに、フレームやホイールもカーボンファイバーでできた北澤さんの自転車は、重量がわずか11kg(世界最軽量!)。各部に装着するバッグに入れる荷物も吟味して、重量バランスに配慮することが、『バイクパッキング』を快適に楽しむコツなのだとか

▲接地面積が広いファットバイクは、ラフロードでも快適。さらに、フレームやホイールもカーボンファイバーでできた北澤さんの自転車は、重量がわずか11kg(世界最軽量!)。各部に装着するバッグに入れる荷物も吟味して、重量バランスに配慮することが、『バイクパッキング』を快適に楽しむコツなのだとか

北澤さんは、自分のペースで自然の本質に迫ることのできる『バイクパッキング』の、日本における第一人者として、自らも楽しみながら活動している。一方で、車の方は運転免許を取得してからまだ2年ほどと、経験は浅い。それまでは、自転車を分解して公共交通機関で運ぶ「輪行」をしながら、各地を旅していたという。

「自転車で山を走るようになってから、トレイルヘッドまで移動するのに車の必要性を感じて、免許を取ると同時に買いました。自転車はかさばるので、天井が高くないと積みにくいのですが、トゥーランは自転車を斜めにすれば、前輪を付けたまま積めるうえ、2列目のシートが取り外せるなど、とても機能的にできています」

▲シートは2列目の中央を外し、3列目はたたんでいる。スクエアで広い室内はシートアレンジを駆使することで、さらに積みやすくなる

▲シートは2列目の中央を外し、3列目はたたんでいる。スクエアで広い室内はシートアレンジを駆使することで、さらに積みやすくなる

今のサイズで十分満足しているとか。

「運転歴の短い僕には大きい車は運転しづらいし、広さに甘えて積むことに無頓着になってしまいます。やっぱり、荷物の量をいかに減らすかが旅の醍醐味ですから」

必要な広さを知り、ちょうどいい車を選ぶ達人の哲学は、とても参考になる。

▲リアガラスに貼られたステッカーが、旅道具の雰囲気を醸し出す

▲リアガラスに貼られたステッカーが、旅道具の雰囲気を醸し出すフォルクスワーゲン ゴルフトゥーランを探す▼検索条件フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン(初代)text/櫻井香

photo/見城了

関連記事リンク(外部サイト)

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーランを探す

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。