体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。

生活・趣味

シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。

「シチリアを見ずしてイタリアに行ったことがあるとは言えない。
シチリアにこそ、すべてに対する鍵があるのだから」

詩人ゲーテが『イタリア紀行』でそう綴ったのは、ちょうど200年前のこと。彼の言葉は、最近になってさらに重みを増してきているようです。

というのも、数年前まではイタリア旅行の訪問先としてシチリア島の名を挙げるのは、どちらかというと「イタリア旅行は2、3回目」という人が多かったのですが、最近はここをメインの目的地にする人が増えているから。シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。

シチリア島の町、タオルミーナ

イタリアならではの旅スタイルを楽しむなら、レンタカーで島巡り。活火山のある田舎の村から、あの有名な湾岸の町まで、この島特有の個性溢れる町々を訪ねにレッツゴー!まずはこの特集に目を通して、旅のルートをプランニング。もちろん、イチオシのホテルも早速調べておきましょう。

シチリア島の楽しみ方は?

シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。

パレルモの港

シチリア島はぐるっと回ってもその距離ほんの750キロメートル(東京〜岡山の片道相当)。足を留めた先々でまったりしながら、夕陽を拝めるタイミングに間に合うように気をつけつつも、ゆっくりペースで楽しむのがおすすめです。

またシチリアでの車の運転には、ある程度の芸術的センスと慣れと、ゲーム感覚と緊張感が必要です。標識はどちらかというと情報性があるというより、暗示的。しかもパッと見ただけではどっちに進むべきか分かりづらいことも。でも、それもまたシチリアの楽しみのひとつですから、肩の力を抜いていきましょう。シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。

カターニャの街並み

ラッキーな人は、海岸線沿いに218個ある見張り塔に出くわすかもしれません。これらの見張り塔は、この島がスペインのアラゴン人占領下にあった14世紀に造られたもので、当時は海賊をはじめとする海からの侵入者から島を守るのに使われていたのだそう。

世界で最も活発な活火山の一つで、ヨーロッパ最大とされるエトナ山は、10の地方自治体がその頂上で交差するという、地政学的に、南極に続いて2番目に複雑な場所です。

1 2 3 4 5 6次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会