体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ディアブロ』にありがちなこと 「Too much baggage」「heheheheh」

来月5月15日に正式サービス開始となっているオンラインゲーム『Diablo3(ディアブロ3)』だが、既に一部ユーザーの間ではβへの招待がされ既にプレイ可能な状態となっている。キャラクターから背景まで全てを3Dで作り直し、スキル、ルーンシステムを採用した今作は、かなりの廃人を生み出しそうだ。

詳しいレビューは過去の記事を参照してほしい(参照:オンラインゲームの火付け役 『Diablo III』β版を早速遊び倒す!)。

今回は『Diablo』にありがちなことというテーマで過去のシリーズを含めおさらいしていきたいと思う。周りの『ディアブロ』ユーザーにありがちなことを聞いたところ次のような回答が得られた。

・地面に耳を並べられる …… PKが「ほかのプレイヤーを殺した数」という意味で行う行動。耳を地面に落としたときの音がキモ心地良い。
・「シュルシュルズドン」 …… アイテムを落とすときの効果音。
・「Too much baggage」 …… アイテムがこれ以上持てないときのセリフ。やけに耳に残る。
・「ゴボゴボ」 …… ポーションを飲んだときの効果音。
・「konbanwa-」 …… 当時の『BATTLE.net』は日本語が使えなかったためローマ字で会話していた。
・JK …… 女子高生ではない。JAPANKILLERと呼ばれる物で、日本人ユーザーを対象とされたPK。(よく狙われたなあ)
・階段の近くに階段 …… 地下を下りる際に階段の近くに運良く階段が生成されていること。マップはランダム式。
・(w …… (笑)の意味。『ディアブロ』発祥かどうかは不明だが、日本語の使えない『Battle.net』で多く使われた。
・チーター …… チートツールを使ってステータスをいじったり無限ポーション、画面中にファイヤボールを放ったりする。
・待ち遠しいテレホタイム …… 当時はADSLも光回線もなかったため『テレホーダイ』タイムまで待ち、それから皆で遊んでいた。
・「魔法は使えない」 …… EAが発売した日本語版(PlayStation版)で使われたセリフ。やけに耳に残る。
・「へロー マイ フレンド!」 …… トリストラムの村長に話しかけると返してくるセリフ。なれなれしく言ってくる。
・「hehehehehehe」 …… チートやPKをしてくるプレイヤーは大抵「hehehehe」と笑う。
・「Fresh Meat!」 ……地下2階に潜む中ボス“ブッチャー”が発するセリフ。部屋の内装もすごく怖い。

まだまだありそうな『ディアブロ』のありがちなこと。個人的にはトリストラムの音楽が懐かしいとか、キャラが競歩みたいな動きだ、などまだまだあったりする。来月リリースされる『ディアブロ3』でも数々のありがちなことが生まれるのだろうか?

【ソルのゲー評】オンラインゲームの火付け役 『Diablo III』β版を早速遊び倒す!
「Diablo3」β版のプレイ動画 おまけ マルチプレイ(ニコニコ動画)[リンク]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17559544

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。