体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界の郷土菓子を研究するため、自転車でユーラシア大陸を横断した「日本人パティシエ」

世界の郷土菓子を研究するため、自転車でユーラシア大陸を横断した「日本人パティシエ」

ピレネー山脈を挟んで、スペインとフランスにまたがるバスク地方という地域がある。ここは大航海時代、マヤ・アステカ(現在のメキシコ)を起源とするチョコレート文化が、最初にヨーロッパに伝わった地とされている。

同時にベレー帽発祥の地でもあるため、いかにも「バスクならでは」という郷土菓子が存在する。その名も「ベレバスク」。ベレー帽の形をしたチョコレートのムースで、今もバスクのお菓子屋さんにかわいらしく並んでいる。

偶然の出会い

世界の郷土菓子を研究するため、自転車でユーラシア大陸を横断した「日本人パティシエ」

ぼくが旅行情報誌の編集に携わっていた、2013年1月のこと。バスク地方について原稿を書く機会があり、その中で「ベレバスク」を紹介した。

しかし、書いたものの、誌面に使う写真素材がなかなか見つからなかった。「どなたか個人の方で、写真提供をしてくださる方はいないだろうか」。そう思ってネットで探していると、たまたまベレバスクを紹介している日本人の方のサイトを見つけた。

そのサイトには、バスク地方に限らず様々な国の郷土菓子が紹介されていたから、「こんなマニアックな郷土菓子を紹介する人って、いったいどんな人なのだろう?」と無性に気になった。世界の郷土菓子を研究するため、自転車でユーラシア大陸を横断した「日本人パティシエ」

プロフィールを見ると、「世界の郷土菓子の魅力に取り憑かれ、自転車でユーラシア大陸を横断中」なんて書いてある。

おまけに「スポンサー募集中」とあり、旅の資金をカンパすると、彼が毎月発行している郷土菓子の新聞「THE PASTRY TIMES」が自宅に届けられるのだという。世界の郷土菓子を研究するため、自転車でユーラシア大陸を横断した「日本人パティシエ」

(なんだこの人!? おもしろい!)

瞬時に彼にメールを送った。「ベレバスク」の写真を探していたらたまたまサイトに辿り着いたこと、かつて自分もスポンサーを集めてヨーロッパを自転車で旅したこと、ぼくもあなたの旅の協賛者になりたいということ、そして帰国したら一緒にサイクリングしましょう、ということを伝えた。世界の郷土菓子を研究するため、自転車でユーラシア大陸を横断した「日本人パティシエ」

その約束は1年後に実現した。

ぼくが主催していた「ツール・ド・和菓子」というサイクリングツアーに参加してもらい、都内の老舗和菓子屋さんを自転車で巡った。世界の郷土菓子を見てきた林さんの、「和菓子」に対する視点もまたおもしろかった。それ以降親しくなり、頻繁に会う仲になった。

「その土地」にしかない
郷土菓子に惹かれて

いったいどのような経緯で、ユーラシア大陸横断という壮大な旅をすることになったのだろうか?

京都出身の林さんは、辻調理師専門学校「エコール辻 大阪」のフランス・イタリア料理課程を卒業後、イタリアンレストラン、パン屋、フレンチデリなどを渡り歩いた。イタリア菓子を学ぶなかで、世界には日本人が知らない様々な郷土菓子があるのだと知った。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。