ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

アンジャ渡部も納得!ぶどうの鮮度を見極めるポイント

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アンジャ渡部も納得!ぶどうの鮮度を見極めるポイント
J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「haletto GIRL’S INFO COUNTER」。10月13日(金)のオンエアでは、今が旬のぶどうをピックアップしてお送りしました!

最近は巨峰やマスカットだけでなく、新しい品種も次々と登場している「ぶどう」。今回は、「ぶどうの最新事情」と「美味しいぶどうの見極め方」について、中野区都立家政で76年続くフルーツショップ「フタバフルーツ」の岩槻正康さんにお聞きしました。

まず教えていただいたのは、ぶどうのトレンド。最近では「果物離れ」が昔よりも進んでいるため、「種もなくて、皮ごと食べられて、しかもぶどうの味わいがしっかりしているものが特に増えています」(岩槻さん)とのこと。

■変わり種のぶどうをご紹介!
スタジオには、岩槻さんに「ちょっと変わったおもしろいぶどう」をいくつかお持ちいただきました!

「ナガノパープル」
長野でしか作られていないという地域限定のぶどう。まるで黒いダイヤのようなビジュアルで、種もなく皮ごと食べられる品種です。まずはその見た目の大きさに驚く渡部。さっそく一粒いただくと…「これまた香りと味が濃い感じがしますね!」と、味わいの深さに感動したよう。ちなみにお値段は時期やモノによって違うそうですが、今回お持ちいただいたものは、一房1500円〜2000円だそう。贈り物や手土産によさそうな価格ですね!

「クイーンニーナ」
こちらは2011年に品種登録されたばかりの新しい品種。「ざっくり説明すると、シャインマスカットとナガノパープルの中間のような感じです」と岩槻さん。試食した渡部は「バランスがいい感じ。ちょっと良い感じの渋みもありますね」とのこと。その渋みはタンニン(植物の葉などに含まれるポリフェノールのこと)だそうで、ワインに合わせたくなる味わいがあるようです。ワインのお供にぶどうなんてオシャレですね!

■美味しいぶどうの見極め方は?
そして気になるのが、「美味しいぶどうの見極め方」。岩槻さんによると、特に黒いぶどうだとわかりやすい、表面にうっすら付いている白い粉に見覚えがないでしょうか…?

「これは『ブルーム』といって、特に何かを吹きかけたわけではなくて、ぶどう自身が自分を守るために出しているものなんです。鮮度が落ちてくるとだんだんツヤツヤになってきて、決して悪いわけではないんですけど、『ブルーム』が鮮度を選ぶひとつの参考になるかなと思います」(岩槻さん)

反対にブルームがなくなったり、枝が枯れると、熟して甘みや味が濃くなっているものもあるので、味の違い試してみるのもアリだそう。ちなみに岩槻さんは、枝が枯れて少し黄色っぽくなったシャインマスカットが好みだそうです。

■オススメの食べ方は?
また、ぶどうはそのまま食べるイメージが強いですが、ちょっと違うオススメの食べ方があるようです。「農家さんとかもよくやられているらしいんですけど、凍らせるんです。糖度が高いので完全に凍らず、シャーベット状というか、凍らしただけでスイーツっぽい楽しみ方ができるんです」と、意外な食べ方を教えてくれました。

もうひとつは、大きいぶどうをスライスして、同じくぶどうでできたバルサミコ酢のソースをかけたものにワインを合わせる食べ方。ちょっとリッチな夜が楽しめるかも!

ぶどうの旬は青森産のものだと11月くらいまでだそうなので、ぜひ岩槻さんのアドバイスを参考にしてみてください。

そして来週の「GOLD RUSH」は、お休みになる渡部の代わりになんとアンジャッシュの相方、児嶋がナビゲート! 人気ヘアメイクアップアーティスト・小田切ヒロさんを迎えて美肌指南をお届けするほか、美しすぎるシュートボクサー、格闘家・RENAさんがゲストに登場します。はたして児嶋に渡部の代役が務まるのか? レアなオンエアをぜひチェックしてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。