体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜか惹かれるこの言葉、ヨーロッパの風情ある美しい「古都」7選

生活・趣味

「古都」と聞くと、しっとりとした風情の美しい都市を思い浮かべませんか。日本人のそのイメージは、おそらく京都からきているのでしょうが、実際にヨーロッパには歴史と文化が花開いた古都が数多くあります。

そんな中でも、特に訪れたい美しい古都7つをご紹介します。

エディンバラ(スコットランド)

なぜか惹かれるこの言葉、ヨーロッパの美しい「古都」7選
歴史的な街並みが世界遺産に登録されている、スコットランドの首都エディンバラ。ヨーロッパでも有数の美しい街として知られ、旧市街は中世の雰囲気を色濃く残しています。

エディンバラの風景をひと目見れば、エディンバラ城や聖ジャイルズ大聖堂といった、石造りの建物が生み出す重厚感と不思議な哀愁にすっかり魅了されてしまいます。

なぜか惹かれるこの言葉、ヨーロッパの美しい「古都」7選
エディンバラ市街を一望できる丘、カールトン・ヒルからの眺めも必見。派手さはありませんが、静かに語りかけてくるような情感あふれる街並みに、心打たれます。

クラクフ(ポーランド)

なぜか惹かれるこの言葉、ヨーロッパの美しい「古都」7選
「ポーランドの京都」とも呼ばれる、情緒薫る街並みが魅力のクラクフ。11世紀半ばから16世紀末にかけて、およそ550年間にわたってポーランド王国の首都として栄えました。ポーランドの都市の多くが第2次世界大戦の打撃を受けたなか、戦災を免れたクラクフは、中世そのままの街並みを残しています。

かつて城壁で囲まれていた旧市街はまるごと世界遺産。フロリアンスカ門から旧市街に足を踏み入れた瞬間、タイムスリップしたかのような錯覚にとらわれます。

なぜか惹かれるこの言葉、ヨーロッパの美しい「古都」7選
中世からそのまま残っている広場としてはヨーロッパ最大を誇る中央広場や、旧市街の南に位置するヴァヴェル城・・・ポーランドの黄金時代を彩った華麗なる建造物の数々は圧巻のスケールです。

ドレスデン(ドイツ)

なぜか惹かれるこの言葉、ヨーロッパの美しい「古都」7選
数々の古都を有するドイツのなかでも、重厚かつ優雅な街並みで知られるのが、ドレスデン。中世にはエルベ川の水路を利用した商業都市として発展し、16世紀からはザクセン王国の都として栄えました。

1 2 3 4次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会