ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ホイットニーなどを見出した米音楽界の生きる伝説のドキュメンタリー映画公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米音楽界の最重要人物であり、伝説の音楽プロデューサーであるクライヴ・デイヴィスの生涯を追いかけるドキュメンタリー・フィルム『クライヴ・デイヴィス サウンドトラック・オブ・アワー・ライヴズ』(原題『Clive Davis – The Soundtrack of Our Lives-』)が、AppleおよびiTunesにて配信スタートした。
アルバム『クライヴ・デイヴィス サウンドトラック・オブ・アワー・ライヴズ』 (okmusic UP's)

1967年に当時35歳という若さで米コロムビア・レコードの社長に就任、1975年にはアリスタ・レコードを創立し、現在はソニー・ミュージックエンタテインメントの制作部門の最高責任者(CCO)を務めている彼は、これまでにホイットニー・ヒューストンやアリシア・キーズ、アース・ウィンド&ファイアー、ブルース・スプリングスティーン、パティ・スミス、シカゴ、ジャニス・ジョプリンなど錚々たるアーティストのキャリア育成に携わり、数え切れぬほどのヒット曲を全世界へ送り込んできている。

ドキュメンタリー・フィルムでは、どうやってアーティストを発掘し、彼らを大スターへと導いていったのか、音楽業界のみならず世界トップ・クラスのエンタテインメントの表舞台と裏舞台が詰まったドキュメンタリー・フィルムに仕上がっており、音楽ファンはもちろんすべてのエンタテインメント・ファン必見の内容だ。

同作品のサウンドトラックは、彼が手掛けた大ヒット曲ばかりが詰まった世界最高峰の洋楽コンピともいえる充実の内容で現在iTunesにて全34曲を配信中。日本盤はその中から厳選された全20曲収録、BSCD2の特別仕様で11月22日に発売することが決定している。

■ドキュメンタリー・フィルム『クライヴ・デイヴィス サウンドトラック・オブ・アワー・ライヴズ』フル視聴リンク

https://itunes.apple.com/us/music-movie/clive-davis-the-soundtrack-of-our-lives/id1287863071?app=music
アルバム『クライヴ・デイヴィス サウンドトラック・オブ・アワー・ライヴズ』
2017年11月22日発売

SICP-31132/¥2,500+税

<収録曲>

1. ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニーfeat.ジャニス・ジョプリン 「心のカケラ」

2. サイモン&ガーファンクル 「明日に架ける橋」

3. シカゴ「長い夜」

4. ブルース・スプリングスティーン「光で目もくらみ」

5. バリー・マニロウ 「哀しみのマンディ」

6. エリック・カルメン「オール・バイ・マイセルフ」

7. メリサ・マンチェスター「あなたしか見えない」

8. アース・ウィンド・アンド・ファイアー「セプテンバー」

9. パティ・スミス 「ビコーズ・ザ・ナイト」

10. ザ・キンクス「カム・ダンシング」

11. ホイットニー・ヒューストン 「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」

12. アレサ・フランクリン「フリーウェイ・オブ・ラヴ」

13. ディオンヌ&フレンズ「愛のハーモニー」

14. カーリー・サイモン 「カミング・アラウンド・アゲイン」

15. ケニー・G 「ソングバード」

16. グレイトフル・デッド 「タッチ・オブ・グレイ」

17. アニー・レノックス 「ホワイ」

18. サンタナ feat.ロブ・トーマス 「スムーズ」

19. ケリー・クラークソン 「シンス・ユー・ビーン・ゴーン」

20. アリシア・キーズ 「フォーリン」
 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。