ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

空き巣被害を防ぐホムセンで揃う5つの防犯対策

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
空き巣被害を防ぐホムセンで揃う5つの防犯対策

玄関のカギがピッキングに強いディンプル式で二重ロックなら、空き巣は「解錠に時間がかかる…」と警戒。被害を防げます。しかし、シリンダーごとの交換となると数万円の取り付け代がかかるのはザラ。賃貸なら管理会社への確認も必要です。そこで、ホームセンターで揃う空き巣の防犯対策を紹介しましょう。

空き巣被害を防ぐための対策の基本

「留守わからん錠」は、扉に加工することなく工具不要で取り付けられるので、手軽に玄関を二重ロックにすることができます。侵入するのが面倒と思わせることが、空き巣被害を防ぐための対策の基本。実勢価格は6,592円です。

「サムターン回し防止具」は、玄関の内側のカギのツマミ部分を覆うカバー。両面テープで貼り付けるだけで取り付け可能です。ドアのすき間や、ポスト口からのサムターン回しによる空き巣被害を防ぎます。実勢価格は380円です。

空き巣被害で多いのが無施錠による侵入。「ChecKEY」はそんなカギの閉め忘れを防止します。カギに取り付けて回すと、表示窓の色が変わるので、カギのかけ忘れが一目瞭然です。美和ロックのカギに対応。実勢価格は1,299円となっています。

空き巣被害でチェックしたいのが窓

玄関のセキュリティを厳重にしたら、次にチェックしたいのが窓です。特に高層階だと、まさか侵入口だと思わず施錠を怠たりがち。施錠していたとしても、ガラス破りでクレセント錠を解錠される空き巣被害もあるのです。

「ワンタッチ・シマリ」は窓のサッシ枠に貼るだけの防犯グッズ。フラットな時はスムーズに窓が開きますが、「押」ボタンをプッシュすると右端が浮き上がり、窓の開閉を防ぐ仕組みになっています。実勢価格は431円です。

「クレセント防具カギ付き」は、窓のクレセント錠を覆うようにしてガードします。カギ付きなので、空き巣がクレセント錠付近をガラス破りしても、外から解錠することができません。実勢価格は1,728円です。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。