ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【UVERworld ライヴレポート】『UVERworld IDEAL REALITY TOUR』2017年10月4日 at 日本武道館

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 UVERworldが8月から展開してきた全国ツアー『UVERworld IDEAL REALITY TOUR』が10月4日、ついに日本武道館にて最終公演を迎えたーー。
 (okmusic UP's)

 SEの「TYCOON」流れると、最初に真太郎(Dr)が登場。ステージ下からはギターを掲げた彰(Gu)が現れる。そして、TAKUYA∞(Vo)、克哉(Gu)、信人(Ba)、誠果(Sax)の4人がポップアップでステージに飛び出し、「DECIDED」へ。立ち上がりからメンバーはもちろんオーディエンスも熱気を帯びて、ツアーを駆け抜けてきて作り上げられた一体感が会場を包む。さらに客席のパワーを呼び起こすように、TAKUYA∞は《好きなようにやれ》とメッセージを送る「Don’t think.Feel」で自分の靴を客席に蹴り飛ばすというシーンも。腹の底から響くようなEDM調の「奏全域」ではメンバーがせり出したステージに全員揃って、激しいグルーブで会場を制圧。

 一方で最新アルバム『TYCOON』の最後に制作し、自分たちを支えてくれた女性ファンに向けて作られたという「SHOUT LOVE」はTAKUYA∞の高音のヴォーカルが頭を貫くように響き、ストレートに愛を語る。TAKUYA∞はMCでこう語っていた。“俺たちは音楽に対しての向き合い方が、もう2、3周回っちゃっているから、もう迷うことがないんだよ”“今はもっと素直に音楽を楽しんで、音楽以外のことも楽しんで、ちゃんと生きるってことを楽しんでいる。するとUVERworldが自由に動かせるんだよね”。聴き手を鼓舞する楽曲たちはさらに強さが増しているが、ライヴで生み出される空気は張り詰めた緊張感をはらみつつ、心を開放するような軽やかさや自由さも加わっていた。それがなおさら、今のUVERworldの無敵感を強く印象付けたと思う。11月のアリーナツアーまでの1カ月は、また曲作りをするという彼らからの新しいメッセージも心待ちにしたい。
撮影:鳥居洋介/取材:桂泉晴名
セットリスト
1.TYCOON
2.DECIDED
3.CORE PRIDE
4.WE ARE GO
5.Don’t think.Feel
6.一滴の影響
7.IDEAL REALITY
8.誰が言った
9.シリウス
10.奏全域
11.エミュー
12.ナノ・セカンド
13.PRAYING RUN
14.ALL ALONE
15.SHOUT LOVE
16.ほんの少し
17.Massive
18.I LOVE THE WORLD
19.Q.E.D.
20.零HERE
〜 SE 〜
21.IMPACT
22.LONE WOLF
23.RANGE
24.7日目の決意
UVERworld
様々な音楽ジャンルを融合し独自の表現に昇華する、ミクスチャー・ロック・バンドの雄、UVERworld。TAKUYA∞(vo、programming)、克哉(g,cho)、彰(g,cho)、信人(b)、真太郎(ds)という滋賀出身の5人によって02年に結成され、05年にシングル「D-tecnolife」(TVアニメ『BLEACH』主題歌)でメジャー・デビューを果たした。この曲はオリコン4位を記録するなど、新人バンドとしては異例の大ヒットとなり、世間の注目を一気に集めることとなった。06年リリースの4thシングル「Colors of the Heart」は人気アニメ『BLOOD+』主題歌、5thシングル「SHAMROCK」はTVドラマ『ダンドリ。〜Dance☆Drill〜』主題歌と、TV番組のタイアップ・ソングが多いのも彼らの特徴。

ロック・アンサンブルを基本としつつ、ラップやスクラッチ、ヒューマン・ビート・ボックスなどのヒップホップ的要素や、ヘヴィーなギター・リフなどを織り交ぜたそのサウンドは一筋縄ではいかない。5人の伊達男たちによる痛快なまでのその音楽世界は、10代の若者を中心に絶大な支持を集めている。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。