ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【ブーム直前】パスタ男子に作ってもらいたい「フィデウア」って?【パスタな休日】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:kanagohan:20171011085032j:plain

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

今回紹介するのは、パスタ好きな人にこそぜひ作っていただきたい、いつもとはちょっと違ったパスタ料理「フィデウア」。パスタで作るパエリアなんです!

お米から作るパエリアよりもずっと手軽に、見栄えのする一皿ができちゃいます。パパッとできるのに、とってもぜいたくな気分になりますよ!

北嶋佳奈の「シーフードフィデウア」

【材料】(2人分)

パスタ(カペリーニなどゆで時間の短いものがオススメ) 120g 殻つき海老 8尾 あさり およそ100g 玉ねぎ 1/4個 パプリカ(赤・黄) 各1/4個 カットトマト缶 1/2缶(200g) 塩、こしょう 少々 パセリ(あれば) 適量

(A) にんにく 1かけ オリーブオイル 適量

(B) 水 1カップ 固形コンソメ 1/2個(顆粒なら小さじ1)

作り方

f:id:kanagohan:20171011085059j:plain

1. 海老はようじで背わたを取る。あさりは塩水に1時間以上つけて砂抜きをする。玉ねぎ、にんにくはみじん切り、パプリカは薄切りにする。

f:id:kanagohan:20171011085104j:plain

2. フライパンに(A)を熱し、玉ねぎを炒め塩をふる。海老を両面こんがり焼き、一度取り出しておく。

f:id:kanagohan:20171011085109j:plain

3. 2にトマト缶を加えさっと炒め、

f:id:kanagohan:20171011085113j:plain

(B)を加え煮立ったらパスタを折って加え、混ぜながら規定の時間通りゆでる。

4. 塩、こしょうで味を整え、パプリカ、あさり、海老をのせてふたをする。アサリの殻が開いたら火からおろし、刻んだパセリ(ドライパセリでもOK)をちらして完成!

あっという間に! おしゃれ料理

f:id:kanagohan:20171011085054j:plain

生米のパエリアは、時間もかかりそうだし自分で作るにはややハードル高いですよね。実際、どうしても30~40分はかかってしまいます。でも、パスタを使った「フィデウア」なら、あさりの砂抜きさえしておけば15分ほど! ゆで時間の短いパスタを使うのもポイントです。

魚介はお好みで、イカやムール貝などを加えても良いですし、手軽にベーコンを入れてもうま味が出ておすすめです。シーフードのうま味たっぷり、トマトの栄養もたっぷり取れます。ぜひ、この週末に作ってみてください。これからの季節、ハロウィンパーティーやクリスマスパーティーなど(気が早い?)自宅で集まるときのおもてなしにもぴったりですよ。では、また!

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。NHK BSプレミアム『おかわり!にっぽん』(毎月第1~3火曜 23時~)では旬の食材のレシピを実演中。 ウェブサイト:HALEAINA(ハレイナ) Facebook:@kanagohan レシピブログ:北嶋佳奈さんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年10月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

大きな夢を打ち上げよう!新感覚“ロケットチキン”専門の定食店が東京進出
唐揚げに最強に合うソースを戸越銀座で発見!「鶏&デリ」でハワイアンな唐揚げ体験
気絶するほどウマすぎて悩ましい「坊さんの気絶」ってどんな料理?【評判レシピ】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。