体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これはダジャレ?『カラムー超 濃厚ビーフ煮込みXO醤仕立て』『すっぱムー超 トリュフ香る帆立のカルパッチョ』は味も“超”だ!

 

湖池屋のロングセラーブランド、辛さの『カラムーチョ』酸っぱさの『すっぱムーチョ』から、スピンオフのような新商品『カラムー超 濃厚ビーフ煮込みXO醤仕立て』『すっぱムー超 トリュフ香る帆立のカルパッチョ』が爆誕! ダジャレやないかい! というツッコミをしつつ、実はうま味がいっぱいの本格派スナックらしいということで、ジャンクフード好きの記者はさっそく食べてみることにした。

悪ふざけのようなネーミングに似つかわぬ重厚な味わいのポテチ

辛いもの好き・すっぱいもの好きから圧倒的な支持を集めているポテトチップス『カラムーチョ』『すっぱムーチョ』は、すでに定番化している。しかし、株式会社湖池屋(東京都板橋区)は攻めるメーカー。プレミアムな新商品『カラムー超 濃厚ビーフ煮込みXO醤仕立て』『すっぱムー超 トリュフ香る帆立のカルパッチョ』(各58g・参考価格 税抜158円前後・2017年9月25日発売)は、メーカー曰く「スナック菓子を超えてイケ! 」という思いを込めて、ムーチョを“超”に変更した。

 

ダジャレかよっ!

 

というツッコミはさておき、「超カラムーチョ」「超すっぱムーチョ」なのか、厳しくチェックしてみたい。

XO醤とは1980年代後半に香港で考案された中華のあわせ調味料で、干しエビや干し貝柱、金華ハムなど豪華食材をミックスしているのが特徴。

「黒いダイヤ」とも呼ばれるフランス料理などで使われる高級食材のキノコ、トリュフ。最近はラーメンにも使われたり…。

 

パッケージには「ナゼ ムー超?」と題し、その理由が細かく記載されている。要するに、辛さやすっぱさが“超”なのではなく、素材を生かしてうま味を引き出し、まるで「料理のような」スナックだということらしい。

カロリーは「カラムー超 濃厚ビーフ煮込みXO醤仕立て」が327kcal、「すっぱムー超 トリュフ香る帆立のカルパッチョ」が328kcal。言うまでもないが、ポテトチップスである以上カロリーは高め。ダイエット中のかたは気をつけたい。

この「ムー超」シリーズ発売当初、プロモーションとして元経産省官僚で経済ジャーナリストの岸博幸氏が推薦文を出し、話題となった。岸氏は昔からの湖池屋ポテトチップスファンだそうで、この「ムー超」シリーズは「味覚のキャリズムを超える」と、意識高めのコメントで応援している。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。