体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の経済は復活しているのか?日本が目指すべき先は?

政治・経済・社会
日本の経済は復活しているのか?日本が目指すべき先は?

アベノミクスを振り返る

9月28日、安倍晋三首相は「国民に信を問う」と述べ、衆議院を解散し10月22日に総選挙を実施すると表明しました。安倍首相は、2019年10月に8%から10%へ税率引き上げを予定している消費税による財源を、幼児教育と保育の無償化に充てるという「政策の変更」の是非を国民に問うことを解散の大義と言っていますが、本音がどこにあるのかは分かりません。

混沌とした政局の話は脇に置いて、経済の面から見た場合、今回の総選挙を通して安倍首相が牽引しているアベノミクスの評価を行うという意味合いがあります。アベノミクスとは、2012年12月26日より始まった第2次安倍内閣において表明された「3本の矢」を柱とする経済政策のことを指すことは周知の事実です。

三本の矢とは、具体的には以下の3つのことを意味します。
大胆な金融政策
機動的な財政政策
民間投資を喚起する成長戦略

それぞれの矢における具体的な施策については、官邸HP「三本の矢」のページを参照ください。(リンク先:http://www.kantei.go.jp/jp/headline/seichosenryaku/sanbonnoya.html

アベノミクスでは、これら三本の矢を使って、次の成功ストーリーを描いていました。

1. デフレ対策を強力に行う方針提示によるアナウンスメント効果

2. 円高基調・株価上昇

3. 製造業を主とした輸出型産業企業の利益増加

4. 雇用拡大・所得増加

5. 消費拡大・インフレ期待の高まり

6. 物価上昇(インフレ・ターゲット2%)

7. リテール・サービス業を主とした内需型産業の利益増加

8. 持続的な経済成長

官邸HPを見ると、上場企業の経常利益額が過去最高水準になったこと、失業率や有効求人倍率等の各種雇用に関わる数値が改善していること、民間の最終支出額が伸びていることなどを根拠に、アベノミクスが着実に成果を上げていることを主張しています。

アベノミクスの自己採点は甘いのですが、世間ではまったくダメだという評価をする人も多いため、評価が分かれています。それ以前に、私たちの肌感覚として、経済が活況を呈し、今後も力強く成長していく日本の将来に意気揚々とした気持ちになるかというと、それほど楽観的な人は少ないでしょう。どちらかというと、すっかりジリ貧状態に慣れてしまい、将来への不安がずっと拭いきれないという人が多いはずです。

では、実際のところアベノミクスは、どの程度成果を上げているのでしょうか。先ほど提示したアベノミクスの成功ストーリーに照らして考えると、1~3については、一定の成果があったと言えます。しかし、「4. 雇用拡大・所得増加」以降については、十分な成果があがっているとは言えません。

安倍政権は、雇用環境が改善したことを理由に雇用が拡大したと主張しています。たしかに総務省統計局の労働力調査のページを見ると、完全失業率は2014年3.6%、2015年3.4%、2016年3.1%と減少を続け、直近の2017年8月は2.8%となっています。また、雇用者数と就業者数については、2017年8月の調査で、雇用者数5840万人(前年同月比プラス84万人/56ヵ月連続増加)、就業者数6573万人(前年同月比プラス84万人/56ヵ月連続増加)となっています。

1 2 3 4次のページ
JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会