体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

未来の注射器に、針は必要ない。

未来の注射器に、針は必要ない。

だんだんと寒くなり、乾燥するにつれて、頭によぎる「インフルエンザの予防接種」。やっておくことで重症になるのを防ぐ可能性があることを分かっていても、どうしても針のことを考えると億劫になってしまうのは僕だけではないはず。

そんな中で「Potarl Instruments」の登場は、きっとたくさんの人にとってパラダイムシフト。

さらば、針よ!

未来の注射器に、針は必要ない。未来の注射器に、針は必要ない。未来の注射器に、針は必要ない。

時代が進むにつれて注射の痛みがなくなってきているのは事実。昔のことを考えたら、「え、こんな痛みだっけ?」と思うことだってあります。だけど、「Potarl Instruments」のおかげで、もう針を使う必要すらなくなるそう

ちなみに、日本での割合は詳しく分かっていないようですが、アメリカのHealthlineの情報によれば、注射恐怖症の人は同国で10%ほどいるとのこと。

でも、どうやって薬物を体内に入れるのでしょう?

ジェット噴射で一気に注入

未来の注射器に、針は必要ない。

どうしても針を使わない注射のメカニズムが気になったので、質問を投げかけたところ、このように答えてくれました。

「人間の髪の毛の細さで、薬物をジェット噴射をして、皮膚の下へと注入します。そのため、必要な時間はたった0.4秒です」

これが多くの病院で採用されるようになったら、子どもでも注射を怖がることはなくなるでしょう。予防接種をするのは自宅で、なんてことにもなるかもしれません。Reference:HealthlineLicensed material used with permission by Portal Instruments

関連記事リンク(外部サイト)

「注射器」で患者をハッピーにするのは、現役のナース。
「痛くない注射器」を発明し、億万長者になった女性の半生がカッコいい
血管の位置が皮膚にうつる!注射の失敗をゼロにする「VeinViewer」って?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会