体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

未来の窓は、まるでタブレット端末!? YKK APの「未来窓」プロジェクトがすごい!

未来の窓は、まるでタブレット端末!? YKK APの「未来窓」プロジェクトがすごい!

窓が自分で考えて換気をしたり、エアコンや照明を操作したり……そんな未来の窓が現実のものとなる日も遠くはない? 実用化に向けてプロトタイプが公開されている「Window with Intelligence」を体験しに、YKK APのショールームに行ってきました。

「窓が情報をもったなら。」……未来の窓のコンセプトとは

携帯電話や自動運転車など、今の大人が子どものころには「マンガの中の未来」にしか登場しなかったモノが、猛スピードで現実のものとなってきています。そんななか、YKK APが未来の窓を考えてカタチにする「未来窓」プロジェクトをスタート。それがついにカタチとなり、新宿にある同社ショールームで公開されているとのことで、行ってきました。

そもそもこのプロジェクトが始まったのは「もっと一般の方にも窓に興味をもっていただきたいという思いから」と同社・広報室の清水宏則さん(以下同)。「窓は生活にとって大事なものですが、多くの方にとっては、あることが当たり前すぎてあまり意識されないものとなっています。でも、実は窓は断熱性ひとつとっても大きく進化しているし、どんな窓を選ぶかによって生活は大きく変わります。そこで、『もしこんな窓が未来にあったらおもしろいよね』ということをカタチにしてみたら、もっと注目してもらえるのでは……と、そんな思いで動き始めました」

例えば天気予報を見る、家電との連携、留守中の見守りなどは、スマートフォンなどのタブレット端末でも可能な機能ですが、これを室内外の接点である「窓」にもたせることによって、もっと何かできるのではないか、生活が楽しく快適になるのではないかというチャレンジです。

そして「窓が情報をもったなら。」というコンセプトで生まれたのが、ショールームの特設ギャラリーで一般公開中の「Window with Intelligence」。窓辺から外を見ることはもちろん、採光や通風など、窓の基本機能を保ちながら、さらに人工知能や通信機能をもたせることで、天気や室内環境に応じて窓を開閉させて換気を自動調整したり、家電をコントロールしたり、離れた人との対話やお絵描き、メモを残すなど、7つの機能を搭載しています。

窓が大きなタブレット端末になったような状態をイメージすると、分かりやすいですね。【画像1】同社ショールームで公開中の「Window with Intelligence」。高性能樹脂窓「APW430」のフレームを使用した内倒し窓ですが、まるで大きなタブレット端末のよう(画像提供/YKK AP)

【画像1】同社ショールームで公開中の「Window with Intelligence」。高性能樹脂窓「APW430」のフレームを使用した内倒し窓ですが、まるで大きなタブレット端末のよう(画像提供/YKK AP)

未来の窓にはどんな機能が? 実際に体験してきました!

ショールームのアドバイザーさんのデモ紹介のあと、さっそく編集部のスタッフが試してみました。

【メモ機能】

まずは、窓がメモを残せるキャンバスにもなるという【メモ機能】を体験。家族への伝言を書いてコミュニケーションに使えるとのことで、編集部のスタッフも、指でスルスルと「ゴミ出しをお願いします」と書いてみました。紙や伝言ボードのように、ペンを用意しなくてもいいのは便利。外出先のスマホからメモを送ることも可能です。また、未来の窓はさまざまな機能をもって生活の中心となっているはずなので、うっかり見落とされる心配もなさそうですね。【画像2】好きな形の付箋を選んで、手書きのメモを残すだけなので操作も簡単(写真撮影/前川ミチコ)

【画像2】好きな形の付箋を選んで、手書きのメモを残すだけなので操作も簡単(写真撮影/前川ミチコ)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。