体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「鉄道の日」記念!JOYSOUNDが鉄道カラオケ人気ランキングを発表

「鉄道の日」記念!JOYSOUNDが鉄道カラオケ人気ランキングを発表

10月14日は「鉄道の日」。1872(明治5)年10月14日(当時は現在のグレゴリオ暦への改暦前だったので9月12日)、新橋(汐留)~横浜(桜木町)で日本初の鉄道が正式開業したことを記念して制定された記念日です。これを記念して、全国のJOYSOUNDで配信中の「鉄道カラオケ」人気ランキング(集計期間:2017年9月1日~9月30日)が発表されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

ご存知ない方のために「鉄道カラオケ」について説明すると、鉄道の前面展望映像をバックに、車掌さんなどが行う車内アナウンスを経験できる……というコンテンツ。鉄道ファンや乗り物好きの子供だけでなく、決められた秒数に内容を正確にアナウンスしなければいけないということで、ナレーションやアナウンスの自主練習に使われることもあるんだとか。2016年4月配信開始の京浜急行電鉄を皮切りに、現在では東武鉄道/東武東上線、東京メトロ 丸ノ内線、南海電鉄の4事業者全26区間のラインナップで楽しむことができます。

さて、その気になるランキング、ベスト10の顔ぶれはこんな感じです。

第1位:「新今宮〜なんば」編 南海電鉄 30000系 特急こうや なんば行き
2017年4月に配信スタートの区間。新今宮駅出発の案内から、終点なんば駅到着までの案内をアナウンスします。また、なんば駅では、奇数号車と偶数号車では扉の開く側が異なり、別々の降車ホームとなる独特の降車案内も体験できます。

第2位:「京急川崎〜京急蒲田」編 京浜急行電鉄 2100形 快特品川行き
2016年4月に配信を開始した「鉄道カラオケ」第1弾にして、最高難度の呼び声高い区間。穏やかな京急川崎駅の出発案内に続いて、2100形の特徴であるシーメンス製「ドレミファインバータ」の音とともに加速していくと、信号の指差喚呼が忙しくなっていきます。圧巻は京急蒲田駅到着間際の乗り継ぎ・乗換案内。ホームが上下に分かれ、発着番線が複雑なので、慣れない人にとっては呪文を唱えているような感覚になること必至です。

第3位:「極楽橋出発」編 南海電鉄 30000系 特急こうや なんば行き
2017年4月配信開始の区間で、特急「こうや」号が始発駅の極楽橋駅を出発します。山間のトンネルや木々の間を抜ける爽やかな光景を見ながら、これからの停車駅を案内する醍醐味が味わえます。また、外国人向けに英語のアナウンスもあるため、発音など気をつけるべきポイントも結構あるので、あまりのんびりしてもいられない区間です。

第4位:「池袋〜新大塚」編 東京メトロ 丸ノ内線 02系 荻窪行き
2016年10月に配信を開始した、始発の池袋駅を出発し、隣の新大塚駅までの区間。丸ノ内線は普段自動放送のとなっているため、アナウンス自体はシンプル。必然的に間奏ならぬ「間走」の時間が長くなりますが、地下鉄の前面展望なので、暗いトンネル内を進む様子が74秒間続きます。昭和20年代の古いトンネル内を観察するもよし、昔の車掌によるアナウンスを再現してアレンジを加えるもよし。楽しみ方の幅が広い上級者向けと言えるでしょう。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会