体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ただ安くておしゃれなだけじゃなかった!「ホステル」最前線に迫る!【東京・大阪・福岡】

WIRED HOTEL ASAKUSA(ワイアード ホテル アサクサ)

都市部を中心に急増している「ホステル」。そこは、異国と地元の文化が交錯するフシギな空間…。斬新なコンセプト、おしゃれなデザイン、ホテル・旅行業以外の異業種からの参入などなど話題が満載。感度の高いおしゃれな人たちが集まる、最新「ホステル」の今をご紹介します。

今、注目の集まる「ホステル」

外国人観光客の増加に伴い、「ホステル」が続々とオープンしていることをご存知ですか?

ではまず、この「ホステル」とはいったい何なのか…?

実は、明確な定義はありません。

従来の「ホテル」「旅館」などとの違いを挙げるとすれば、

・「ドミトリー」と呼ばれる相部屋がある

・外国人ゲストが多い(スタッフが外国語対応できる)

・ラウンジのような共有スペースがあり、他の旅行者と交流しやすい

・共有スペースにキッチンもあり、自炊できる

などがあります。

また、アメニティなどを省いた素泊まりの宿「ゲストハウス」というものも近年増えています。

「ホステル」はアメニティや個室を備えているところもあるので、「ゲストハウス」と「ホテル」の間といったところでしょうか。

今回は、その中でも最近オープンした個性派おしゃれホステルをご紹介します。

WIRED HOTEL ASAKUSA(ワイアード ホテル アサクサ)【東京・浅草】

WIRED HOTEL ASAKUSA(ワイアード ホテル アサクサ)

コンセプトは「LOCAL COMMUNITY HOTEL」

2017年4月にオープンしたWIRED HOTEL ASAKUSA。

こちらはWIRED CAFEなどを展開するカフェカンパニー株式会社が運営しており、ホテルに初参入したことで話題になりました。

「世界中から訪れる旅行者も、地元に根付く人々も。ここに集う誰もが、ボーダレスで豊かなマインドと共感でつながるホテル」という理念で運営されています。

実はこういったコンセプトを掲げているホテルは多いのですが、こちらのホテルの面白いところは場を提供するにとどまらないところ。

例えば、入口を入ってすぐフロントのそばの「1 mile guide book」というコーナーに注目してみてください。1 mile guide bookここにあるスポット情報は、部屋に用意されている「1 mile guide Map」とも連動している

地元をよく知る個人やお店などが「アンバサダー」となり、地元目線でおすすめスポットを紹介してくれています。

自分の興味あるスポットの情報だけを集めて、ディープな浅草のオリジナルガイドブックを作れるという仕組みが楽しいです。もちろん無料。

“いちいち”こだわった館内

館内を歩くと、ディスプレイからアメニティまで、そこらじゅうこだわりだらけ!5階廊下にはFrankie Cihi(フランキー・スィーヒ)によるダルマ。レセプションで販売もあり5階廊下にはFrankie Cihi(フランキー・スィーヒ)によるダルマ。レセプションで販売もありドアノブサインも、浅草エリア(東京都台東区)の企業と第一線で活躍するデザイナーがコラボした「TOKYO L」の革製マグネットドアノブサインも、浅草エリア(東京都台東区)の企業と第一線で活躍するデザイナーがコラボした「TOKYO L」の革製マグネット
1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。