体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和風パスタ好きは覚えておきたい「めんつゆバターソース」【秋鮭といくらの親子パスタ】

f:id:sakanaya-sandaime:20171006161325j:plain

海の幸も山の幸もウマいもの目白押しの秋、今回は秋鮭といくらの親子パスタです!! 味付けはシンプルにめんつゆを使った和風パスタ。鮭(サケ)と相性が良いきのこ、今回は山のウマいもの代表、舞茸も加えて仕上げましたよ。

ちなみに、舞茸はうちの妻の大好物なんです! ですので舞茸は多め、でも炒めると縮むので多めでも問題なし! バターを加えてコクと香りを出し、仕上げの大根おろしでサッパリ感。いくらは醤油漬けでもOKですが、私は手に入りやすい「塩いくら」に。ちょいぜいたく感があってオススメですよ~。

魚屋三代目の「秋鮭といくらの親子パスタ」

【材料】2人前

パスタ 180~200g 生鮭(今回は秋鮭を使用) 2切れ 舞茸 2パック(200~250gくらい) 塩いくら お好みの量 大根おろし、薬味用のネギ お好みの量 輪切り赤唐辛子 ひとつまみ オリーブオイル 大さじ2 めんつゆ(3倍濃厚) 大さじ1~2 バター 10g 塩 少々

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20171006161358j:plain

1. 鮭の皮を包丁などでそぎ取り、一口大に切って軽く塩を振ります。舞茸は手でほぐしておきます。(私は大きめが好き)パスタをゆでるため大きめの鍋にお湯を沸かし、塩(分量外)を加えておきましょう。

※今回はめんつゆをストレートで使うのと、ゆで汁も使うので、ゆでるお湯の塩気は少なめにしています。塩を入れずにゆでる方法もありますが、パスタにほんのり塩気があったほうが好みなので私は塩を加えていますよ。

f:id:sakanaya-sandaime:20171006161400j:plain

2. パスタをゆで始めたらフライパンを熱し、大さじ1強のオリーブオイル(分量外)をひき、中火で1の鮭を両面焼き色がつくまで焼きます。

f:id:sakanaya-sandaime:20171006161404j:plain

焼いたら鮭は取り出し、同じフライパンで舞茸をしんなりするまで焼いて、仕上げに塩を少々振り、これも取り出しておきます。

f:id:sakanaya-sandaime:20171006161408j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。