体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

道後温泉の外湯めぐりに新湯「飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」が誕生!

道後温泉の外湯めぐりに新湯「飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」が誕生! 飛鳥乃湯泉

2017年9月26日、日本最古といわれる道後温泉の外湯に「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」がオープンしました。

飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋には、道後温泉本館にはない露天風呂が登場。

愛媛県の伝統工芸×最先端のアートがコラボレートした装飾が優雅な雰囲気を醸し出す空間、皇室専用の浴室を再現した特別浴室、昔の湯衣を着て入浴体験…。

魅力あふれる新湯をご紹介します。

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)

伝統工芸と最先端アートが彩る新しい湯屋

3000年の歴史を誇るといわれる道後温泉は、有馬温泉、白浜温泉と並ぶ日本三大古湯の一つ。

その温泉街に、飛鳥時代の建築様式を取り入れた新しい湯屋がお目見えしました。

「太古の道後」をテーマにした館内は、道後温泉にまつわる伝説や物語などを愛媛の伝統工芸と最先端のアートがコラボした作品で装飾。

源泉100%(加水・加温なし、放流式)の上質な湯で肌を、優美な空間で感性を心地よく刺激してくれそうです。道後温泉のシンボル「塔屋」が風格ある姿を見せる道後温泉のシンボル「塔屋」が風格ある姿を見せる

館内は「湯屋の美術館」のような優雅で美しい空間!

1階は、エントランスと大浴場。

エントランスでは「伊予かすり」の暖簾、「ゼオライトの和紙」で山門をイメージしたシェード、「和釘」用いた道後温泉のシンボル「湯玉」の装飾壁を見られます。

大浴場の内湯には、男湯は山部赤人(やまべのあかひと)の歌、女湯は額田王(ぬかたのおおきみ)の歌をテーマにした砥部焼の陶板壁画を設置。露天風呂には「媛ひのき」のデコラパネルの装飾壁や「菊間瓦」の行燈があります。

2階は、多彩なスペース。

約60畳の大広間(休憩室)は「ギルディング和紙」の天吊りシェードと照明、「伊予竹細工」で作られた行燈が彩る寛ぎの空間。

個室休憩室は、「白鷺伝説」「玉の石の伝説」「聖徳太子の来浴」「天皇の行幸」「伊予の湯桁」をテーマに、異なる設えをほどこした5タイプが揃います。

特別浴室(家族風呂)は、道後温泉本館にある皇室専用浴室「又新殿(ゆうしんでん)」を再現。「伊予簀(いよす)」で制作した御簾で浴室と和室が仕切られている優雅な空間です。太古の道後温泉へと導いてくれる非日常空間太古の道後温泉へと導いてくれる非日常空間額田王の歌の世界観を表現した女湯の内湯額田王の歌の世界観を表現した女湯の内湯温かな灯りに包まれる和室でのんびり休憩して温かな灯りに包まれる和室でのんびり休憩して蒔絵の装飾が美しい「行宮(かりみや)の間」は「天皇の行幸」がテーマ蒔絵の装飾が美しい「行宮(かりみや)の間」は「天皇の行幸」がテーマゆったり湯浴みを堪能できる贅沢な空間ゆったり湯浴みを堪能できる贅沢な空間
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会