ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

道後温泉の外湯めぐりに新湯「飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」が誕生!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
道後温泉の外湯めぐりに新湯「飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」が誕生! 飛鳥乃湯泉

2017年9月26日、日本最古といわれる道後温泉の外湯に「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」がオープンしました。

飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋には、道後温泉本館にはない露天風呂が登場。

愛媛県の伝統工芸×最先端のアートがコラボレートした装飾が優雅な雰囲気を醸し出す空間、皇室専用の浴室を再現した特別浴室、昔の湯衣を着て入浴体験…。

魅力あふれる新湯をご紹介します。

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)

伝統工芸と最先端アートが彩る新しい湯屋

3000年の歴史を誇るといわれる道後温泉は、有馬温泉、白浜温泉と並ぶ日本三大古湯の一つ。

その温泉街に、飛鳥時代の建築様式を取り入れた新しい湯屋がお目見えしました。

「太古の道後」をテーマにした館内は、道後温泉にまつわる伝説や物語などを愛媛の伝統工芸と最先端のアートがコラボした作品で装飾。

源泉100%(加水・加温なし、放流式)の上質な湯で肌を、優美な空間で感性を心地よく刺激してくれそうです。道後温泉のシンボル「塔屋」が風格ある姿を見せる道後温泉のシンボル「塔屋」が風格ある姿を見せる

館内は「湯屋の美術館」のような優雅で美しい空間!

1階は、エントランスと大浴場。

エントランスでは「伊予かすり」の暖簾、「ゼオライトの和紙」で山門をイメージしたシェード、「和釘」用いた道後温泉のシンボル「湯玉」の装飾壁を見られます。

大浴場の内湯には、男湯は山部赤人(やまべのあかひと)の歌、女湯は額田王(ぬかたのおおきみ)の歌をテーマにした砥部焼の陶板壁画を設置。露天風呂には「媛ひのき」のデコラパネルの装飾壁や「菊間瓦」の行燈があります。

2階は、多彩なスペース。

約60畳の大広間(休憩室)は「ギルディング和紙」の天吊りシェードと照明、「伊予竹細工」で作られた行燈が彩る寛ぎの空間。

個室休憩室は、「白鷺伝説」「玉の石の伝説」「聖徳太子の来浴」「天皇の行幸」「伊予の湯桁」をテーマに、異なる設えをほどこした5タイプが揃います。

特別浴室(家族風呂)は、道後温泉本館にある皇室専用浴室「又新殿(ゆうしんでん)」を再現。「伊予簀(いよす)」で制作した御簾で浴室と和室が仕切られている優雅な空間です。太古の道後温泉へと導いてくれる非日常空間太古の道後温泉へと導いてくれる非日常空間額田王の歌の世界観を表現した女湯の内湯額田王の歌の世界観を表現した女湯の内湯温かな灯りに包まれる和室でのんびり休憩して温かな灯りに包まれる和室でのんびり休憩して蒔絵の装飾が美しい「行宮(かりみや)の間」は「天皇の行幸」がテーマ蒔絵の装飾が美しい「行宮(かりみや)の間」は「天皇の行幸」がテーマゆったり湯浴みを堪能できる贅沢な空間ゆったり湯浴みを堪能できる贅沢な空間

<h3>嬉しいサービスと外湯めぐり

身分の高い人が入浴時に着用したといわれている湯衣を現代的にアレンジした「道後湯帳」や、湯上りに休憩室で提供されるお茶と新作の和菓子も楽しみ!

道後温泉本館、椿の湯(2017年12月下旬リニューアルオープン)にも訪れて、温泉三昧の道後旅を満喫しましょう。ユカタビラともいわれる湯帳で入浴体験ができるユカタビラともいわれる湯帳で入浴体験ができる 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)

電話番号/089-932-1126

住所/愛媛県松山市道後湯之町19-22

営業時間/1階浴室7時~23時(札止22時30分)、2階大広間と個室~22時(札止21時)、2階特別浴室(家族風呂)~22時(札止20時40分)

定休日/なし(年に1日臨時休館あり)

アクセス/車:松山道松山ICより25分

電車:JR松山駅より伊予鉄道市内電車道後温泉行を利用、道後温泉駅より徒歩3分

駐車場/100台(30分100円)

料金/1階浴室大人600円、子ども300円。

2階大広間(1階浴室入浴+2階大広間休憩室)大人1250円、子ども620円。

2階個室(1階浴室入浴+2階個室休憩室)大人1650円、子ども820円。

2階特別浴室(1階浴室入浴+2階特別浴室、別途1組につき2000円必要)大人1650円、子ども820円※大人12歳以上、子ども2歳~11歳

「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」の詳細はこちら

こちらも注目!「道後オンセナート2018」も2017年9月からスタート!

道後温泉では、道後温泉本館の改築120周年の大還暦を記念して開催された「道後オンセナート2014」を引き継ぐアートフェスティバルとして「道後オンセナート2018」がプレオープンしました。

コンセプトは「アートにのぼせろ」。

「オマージュ(賛歌)」をキーワードに、特別参加の蜷川実花さん、大宮エリーさんをはじめ約20名のアーティストが、オブジェや写真、絵画、イラスト、ダンスなど「敬意と愛を込めた表現」で歴史ある温泉街を彩ります。

最先端のアートと温泉街が織り成す別世界を楽しんで!

会場:道後温泉街とその周辺エリア

会期:2017年9月2日(土)~2019年2月28日(木)

※プレオープン2017年9月2日(土)、グランドオープン2018年4月14日(土)

※この記事は2017年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

インスタ映え抜群!2017佐賀インターナショナルバルーンフェスタを攻略!
インスタ映え抜群!この秋食べたい【東京都内】抹茶スイーツ8選
知る人ぞ知る!通な穴場紅葉絶景スポット32選【関西近郊・中国・四国】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。