体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

姫路城などの美しき歴史遺産を見に行こう!世界遺産・日本遺産まとめ【関西・中国・四国】

姫路城

日本文化の礎にもなった美しき歴史遺産たちが今、世界遺産や日本遺産に認定されて再び注目を浴びています。そこで今回は関西・中国・四国の世界遺産・日本遺産を厳選してご紹介します。

世界遺産としては「姫路城」や「石見銀山」、日本遺産としては「和歌の浦」や「三徳山」、「四国遍路」など、現代に遺る建造物や文化など様々なものがあります。

歴史の跡を辿っていき、今もなお受け継がれ続ける文化を感じに旅に出てみてはいかがでしょうか?

記事配信:じゃらんニュース

姫路城【兵庫県】

「世界遺産」要塞機能、82棟の国宝・重文など美的な城が秘めし魅力をとくと。

姫路城写真提供/PIXTA

法隆寺地域の仏教建造物と時を同じくして、日本で初めて世界遺産に登録。およそ5年半かけて行われた平成の大修理によって、白鷺城と呼ばれたかつての優美な城の姿は今も健在。

後世に残すべき理由

緻密な構造と装飾美で世界を圧倒する、木造建築の最高峰。防御にも工夫を凝らした日本ならではの城郭を代表する造りで、現存天守が残る城としても貴重。 姫路城

TEL/079-285-1146(姫路城管理事務所)

住所/姫路市本町68

料金/入城料 大人1000円、小中高生300円

アクセス/神戸市内より電車+徒歩で1時間

「姫路城」の詳細はこちら

明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業

萩反射炉、萩城下町など【山口県、他】

「世界遺産」持てる技を駆使して挑んだ萩独自の産業革命にも注目。

萩反射炉製鉄の近代化に向けた挑戦を物語る、萩藩が建造した萩反射炉(写真提供/PIXTA)

エリアは山口と九州を中心に、静岡、岩手までと広範囲。なかでも山口県萩市には、萩藩の人々が積極的に西洋の技術を学び、試行錯誤しながら自力で産業の近代化に挑んだ、幕末の産業遺産群が残されている。

後世に残すべき理由

日本初の世界遺産となった、重工業ジャンルの産業遺産。西洋の科学技術に触れ、短期間で飛躍的な発展を遂げた明治日本の産業革命は、世界史上でもレアな事例。 明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業 萩反射炉、萩城下町など

TEL/0838-25-1750(萩市観光協会)

萩反射炉(はぎはんしゃろ)

住所/萩市椿東4897-7

アクセス/広島市内より2時間40分

石見銀山遺跡とその文化的景観

銀山柵内、大森銀山 重要伝統的建造物群保存地区など【島根県】

「世界遺産」世界経済を支えた銀山は遺跡と共に周辺観光も魅力的。

龍源寺間歩公開されている数少ない間歩(まぶ)の一つである、龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ) (写真提供/PIXTA)

鉱山遺跡としては、アジアで初めて登録された文化遺産。採掘の歴史は約400年に及び、東アジア交易で重要な役割を果たした。鉱山町の大森地区は町歩きも楽しく、銀の積出港だった温泉津(ゆのつ)には名湯が湧き出る。

後世に残すべき理由

銀の生産から搬出まで、全ての過程を明確に示す資産の状態が良好。また、鉱山遺跡と自然環境が一体化した文化的景観は、世界的にも極めて貴重なもの。 石見銀山(いわみぎんざん)遺跡とその文化的景観 銀山柵内、大森銀山 重要伝統的建造物群保存地区など

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。