ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「やべぇ、カッケー!」Ryohuが憧れたグループ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「やべぇ、カッケー!」Ryohuが憧れたグループ
J-WAVEの番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。話題のアーティストや新作など旬なミュージックトピックを番組独自の視点で取り上げるこのコーナー、10月12日(木)のオンエアでは、KANDYTOWNのメンバーで、ソロ作をリリースしたばかりのRyohuさんをゲストにお迎えしました。

はじめに、ヒップホップとの出会いについてRyohuさんに伺いました。

サッシャ:Ryohuさんの世代だと、ヒップホップって当たり前の存在なのかな?
Ryohu:どうなんですかね。僕の時は「KGDR(キングギドラ)」が少し出てきたくらいで。
サッシャ:最初からヒップホップが好きだったの?
Ryohu:そんなわけではないですけど…KGDRを初めて聴いたときに「やべぇ、カッケー! なんだこの音」って衝撃を受けて、そこからヒップホップにハマりましたね。
サッシャ:どうやって聴く側からやる側に向かったの?
Ryohu:まずはカラオケで、好きなアーティストをモノマネするところから始まりました。そこからは、昔から仲の良かったKANDYTOWNのメンバーと遊んでは、音楽を流してフリースタイルラップをやってました。

最初はフリースタイルラップが恥ずかしかったRyohuさんですが、それでも周りの友達がやっているからと始めたそうです。

サッシャ:ラップは楽しかった?
Ryohu:楽しかったですね。そこから自分たちで録音機材でレコーディングするようになり、いろんなトラックを作っていました。
サッシャ:そうなんだ。楽器もやってたの?
Ryohu:いや、なにもやったことなくて…今でもできないですよ。でも、頭の中にある音を「あーでもない、こーでもない」って考えながら自分で音を作ってましたね。
サッシャ:すごいね! コンピューターの時代だから、そういうこともできてしまうんですね。
Ryohu:でも、俺は楽器を弾く人はすごいなってリスペクトしてますよ。
サッシャ:でも、楽器を弾く人は、ラップができるのをすごいなって思ってるよ(笑)。

周りの影響もありラップを始めたRyohuさんは、最近のラップブームについて、「すごいいいことだと思います。まずは日本にヒップホップの文化が一部でも浸透してるってことが、未来に繋がるって思いますね」と語りました。日本のヒップホップブームを牽引しているRyohuさん。10月11日(水)にリリースした新作「Blur」は、KANDYTOWNとはまた違ったサウンドとなっているので、ぜひチェックしてみてください!

さて、次週16日(月)から19日(木)の「MUSIC +1」では、一青窈さん、世武裕子さん、日食なつこさん、BIG YUKIさんと、超話題のアーティストが日替わりで登場します!こちらもお聴き逃しのないように!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。