体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

IQOSアイコンが家紋風に 日本ならではを追求する『NIGO for IQOS』発表

フィリップ モリスの加熱式タバコ『IQOS』。アーティストとコラボしたケースなど、IQOSを楽しむためのアイテムがいろいろ出ていますが、このたび「IQOSのある生活」をテーマに新たな展開が発表されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

2017年に開始した、IQOSが世界のイノベーターとともに創り上げるグローバル・プロジェクト「The IQOS Pathfinder Project」の一環として、クリエイティブ・ディレクターのNIGO氏とコラボしたライフスタイル・コレクションと、オリジナルのIQOSデバイスをリリースすることになったのです。10月12日、都内においてその発表会が行われました。

発表会では、フィリップ モリス ジャパンのタヌージャ・スリアラチ(Tanuja Suriarachi)氏からプロジェクト概要の説明、そして長谷川靖氏から商品概要についての説明が行われました。


今回のプロジェクトにあたって、NIGO氏が設定したテーマは「日本ならではのクリエイティビティ」。それを象徴するアイコンとして選ばれたのは、新たにデザインされた「家紋」です。IQOSのシンボルとして設定されているハチドリと、IQOSそのものと言えるタバコの葉と花を組み合わせたオリジナルのもの。新しいものの、まるで昔からあったかのようなトラディショナルさを兼ね備えたデザインです。

第1弾として10月19日にリリースされるのが、「THE CRAFTED COLLECTION」。日本の屋根を彩ってきた瓦を素材として採用したコレクションです。淡路島にある瓦工房とコラボし、全ての品が手作り。ポケットチャージャーとヒートスティックの箱を置けるスタンドやホルダー、そしてトレイ状のディスプレイ(各1万9800円)。使用済みのヒートスティックを納めるためのトレイ(L:1万9800円・S:1万1900円)は、瓦素材の容器にウォールナットの蓋がついています。

また、セラミック製のトレイとカップがセットになったコーヒーセット(3980円)も。トレイにはIQOSとヒートスティックを置くためのくぼみも作られています。そして昔ながらの刻みタバコ入れを彷彿とさせるポーチ(1980円)もラインナップ。IQOSのあるライフスタイルを演出します。


発表会では、枯山水をイメージしたディスプレイでアイテムが展示されました。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会