体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホットのためにわざわざ茶葉を変更した『綾鷹 ホット専用』を、旧商品と飲み比べてみた!

 

そろそろホット飲料が恋しい季節がやってきた! リニューアル新発売の『綾鷹 ホット専用』は、同じ「綾鷹」でありながらホットとコールドで茶葉を変更したこだわりの本格緑茶。旧商品とどれくらい違いがあるのか、新旧どちらも飲んで検証してみよう!

「綾鷹」ブランド誕生10周年を温かく迎えよう!

コカ・コーラシステムの「綾鷹」は2007年発売。今年は記念すべき10周年を迎えている。いまやペットボトル緑茶には数多くのブランドが存在し、そのクオリティは高まる一方。私たちは、いつでもどこでも気軽に本格的な緑茶を楽しむことができている。

 

「綾鷹」は、創業450年の歴史を誇る京都・宇治の老舗茶舗「上林春松本店」の協力のもと開発された本格緑茶で、自然と急須で淹れたお茶のような”にごり”や口の中にふわっと広がる茶葉の旨味が特長。お茶にこだわりがある年配層にもファンは多い。

そんな本格緑茶ブランドからこの秋登場したのが『綾鷹 ホット専用』(280ml・希望小売価格 税抜124円・2017年9月4日発売)。昨年も「あたたかい綾鷹」は確かに販売されていたが、これまでの商品はホットとコールドで同じ茶葉を使用しており、いわば”温めた綾鷹”だった。しかし今年はホット専用と名がつく通り、温めて飲むのにふさわしい茶葉にわざわざ変更して誕生したとっておきの綾鷹なのだ。

 

今回はメーカーさんのご厚意で、新旧商品の飲み比べが実現! どれくらい茶葉の味わいが違うのか、実際に飲んで比較していきたい。

 

旧商品と『綾鷹 ホット専用』はどこまで違う?実際に飲み比べてみた!

新発売の『綾鷹 ホット専用』には280mlと350ml(税抜131円)の2種類があり、どちらも持ち運びしやすい手頃なサイズ。コンビニや自動販売機、駅売店などのホット飲料コーナーにすでに顔を見せている。

今回飲み比べするのは、新商品の『綾鷹 ホット専用』と旧商品の「あたたかい綾鷹」。

新パッケージは正面に「ホット専用」と大きく入っていて、かなりアピールされている。本格緑茶としてのこだわりである、手淹れの味わいを表現する急須のイラストは引き続き健在。

普段なにげなく飲んでいる緑茶だが、コカ・コーラシステムによると「一般的に温かい緑茶は、常温・冷温で飲むよりも全体的に味が薄く感じられる」のだという。つまり、同じ綾鷹でホットとコールドを飲み比べると、ホットの方が味が薄く感じられるということだ。本格緑茶を楽しんでもらいたいという想いで誕生した綾鷹なのに、あたたかくすることでその旨味が完全に伝えられないとは、作り手としては悔しかったに違いない。

 

そこで今回の『綾鷹 ホット専用』の誕生に至ったわけなのだが、それほどまでに違いがあるものなのだろうか? 新旧ふたつの綾鷹を見比べてみるが、緑茶自体の見た目はそれほど違いがなく綾鷹らしい”にごり”はどちらにもある。だが新しい『綾鷹 ホット専用』の方が、やや緑がかっているようだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会