ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『10月13日はなんの日?』サイモン&ガーファンクル、ポール・サイモンの誕生日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『10月13日はなんの日?』サイモン&ガーファンクル、ポール・サイモンの誕生日

 10月13日はサイモン&ガーファンクルとして一世を風靡し、その後ソロとしても成功を収めたシンガーソングライター、ポール・サイモンの76歳の誕生日。

 ポール・サイモンは1941年10月13日、アメリカ・ニュージャージー州生まれ。1964年に旧友アート・ガーファンクルとともにサイモン&ガーファンクルとしてアルバム『水曜の朝、午前3時』でデビュー。「サウンド・オブ・サイレンス」(1965年)、「ミセス・ロビンソン」(1968年)など、美しいハーモニーと知的な歌詞の世界観でチャートを席巻し、一世を風靡した。サイモン&ガーファンクルは『明日に架ける橋』(1970年)をチャート首位に送り込んだのち、活動を休止しているが、その後も何度か再結成しコンサート活動をおこなっている。度々「音楽性の違い」により衝突をしてきた2人は“犬猿の仲”である一方、“家族”のような存在でもあるという。サイモン&ガーファンクルは1990年にロックの殿堂入りを果たしている。

 70年代以降はソロ・アーティストとして精力的に音楽活動を続けているサイモン。1972年に実質的ソロ・デビュー作となる『ポール・サイモン』を発表。75年にはデイヴィッド・サンボーンやマイケル・ブレッカー、スティーヴ・ガッドなど多数の一流ミュージシャンが参加した『時の流れに』でソロ初の全米ビルボードNo.1を記録、シングル・カットされた「恋人と別れる50の方法」も全米首位となり、グラミー賞も獲得している。以降もアフリカの民族音楽を取り入れた『グレイスランド』(1986年)やブラジルのミュージシャンとともに制作した『リズム・オブ・ザ・セインツ』(1990年)、アンビエント・ミュージックの巨匠ブライアン・イーノを迎え電子音楽に挑んだ『サプライズ』(2006年)など、つねに新境地を開拓し続け多数のヒット作を生み出し、その姿勢は多くのメディアやファンから賞賛を浴びている。

 昨年6月には約5年ぶりとなるオリジナル・アルバム『ストレンジャー・トゥ・ストレンジャー』をリリースし、全米~ヨーロッパを中心にツアーをおこなっている。最近ではビリー・ジョエルがNYで開催しているロングラン公演にマイリー・サイラスとともにサプライズ出演を果たし、サイモン&ガーファンクル時代の名曲「ボクサー」などを披露したことが話題となった。

関連記事リンク(外部サイト)

ビリー・ジョエル、NY公演でポール・サイモン&マイリー・サイラスと共演
コールドプレイのクリス・マーティン、ポール・サイモンの「グレイスランド」をカヴァー
ロード&ジャック・アントノフ、SFのフェスでポール・サイモンをカヴァー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。