体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お好み焼きにはじめてマヨネーズをかけたのは「ぼてぢゅう」だった【大阪定番】

f:id:Meshi2_IB:20170918102213j:plain

大阪といえば“粉もん”である。お好み焼き、たこ焼き、うどんなど、大阪の食文化の代表選手ばかり。もしも小麦粉がこの世からフッと消えてしまったら大阪はどうなるんだろうか。想像するのも恐ろしいことだ。

東京から大阪に引っ越してくるまで、「大阪の名物といえばたこ焼き」というイメージはあったのだが、お好み焼きについては正直あまりしっくりきていなかった。

「本当にみんなそんなにお好み焼きを食べているんだろうか?」と思っていたのだ。しかし、引っ越してきて実感した。私が住んでいる町には、それほどお店がたくさんあるわけではないのだが、それでも個人店からチェーン店まで、お好み焼きを出すお店がかなりの数あるし、外食だけでなく、家で食べるものとして食卓にあがる頻度も高い。大阪にとってのお好み焼きは、私の想像よりもはるかに身近にある日常的な存在なのだ。

伝統を貫く「究極の豚玉」

そんな大阪のお好み焼きを作り上げた源流の一つが「ぼてぢゅう」だ。今は「ぼてぢゅうグループ」としてさなざまな業態を展開する一大チェーンとなっているが、もともとは終戦直後の昭和21年、大阪・玉出の地に、町の中の小さなお好み焼き店として創業。

印象的な店名は、「ぼて」っとひっくり返して「ぢゅう」と焼く、その調理の音とリズムに由来するという。

今では当たり前のようになっているお好み焼きにマヨネーズをかけて食べるというスタイルも、その元祖は「ぼてぢゅう」。創業者である西野栄吉が進駐軍のアメリカ兵たちが使っているマヨネーズを食べて、「これはお好み焼きに合うのでは?」とひらめいて始めたことなのだとか。

今回はその「ぼてぢゅうグループ」の現社長・栗田英人氏に、「ぼてぢゅう」の歴史や、絶対に食べて欲しいメニューなどについてとことんお話をうかがってきた。

インタビューは、大阪市西成区岸里の本社1Fにある「ぼてぢゅうThe CONCEPT Shop」にて行われた。

f:id:Meshi2_IB:20170918101132j:plain

大阪の下町といった風情の周辺エリアからはちょっと想像できないおしゃれな建物である。

f:id:Meshi2_IB:20170918101145j:plain f:id:Meshi2_IB:20170918101155j:plain

いざビルの中へ。

f:id:Meshi2_IB:20170918101211j:plain

この方が、「ぼてぢゅうグループ」の3代目代表取締役をつとめる栗田英人氏である。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。