ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

顔の作りに合ったオーダーメイドメガネを作成する「yuniku」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オーダーメイド3Dメガネ「yuniku」は、世界的な日本の総合光学メーカーHOYAとベルギーのマテリアライズ社、フート・デザインスタジオが共同開発したシステム。3Dフェイススキャンと3Dプリント技術を組み合わせたメガネのオーダーシステムだという。

・顔を3Dスキャンし顔のモデルを作成

このシステムでは、利用者の顔を3Dスキャンし顔のパーツの情報を集め3次元モデルを生成。そのデータをもとに的確な位置にレンズを設定する。レンズの位置からフレームの位置が配置され、3Dデータを3Dプリントする仕組みになっている。顔の細部の情報を的確にスキャンしているため、個人個人の顔にフィットするメガネを作成することが可能だいう。

・デザイン性の高さも魅力的

眼鏡フレームのデザインは、アイウェアデザインを25年以上手がけるフートデザインスタジオが提供。クオリティの高いデザインの眼鏡も魅力の一つだ。使い勝手だけでなくメガネのデザインにこだわりたい方も満足できるのでは?

今後は、遠近両用や単焦点、室内専用など、あらゆる種類のレンズに対応したデザインも加わる予定。フレームと高品質レンズの組み合わせができるようになるという。

materialise

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。