ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

とある介護職員のとある日常「おたがいさま」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

初めまして、山川と申します。私は生活相談員として従事するかたわら、施設の業務改善アドバイザーを承ったり、地域で困っている方を保険外でお手伝い・外出サポートを行う「チームおたがいさん」の一員として活動しています。

「介護はおたがいさま」その言葉がピッタリくる体験談を今回ご紹介させていただきます。介護従事者の方にとっては、よくある風景かもしれませんが、是非ご一読くださいませ。

介護は「おたがいさま」

ある利用者さんの就寝介助をしているときのこと。

どこから聞こえているのかわからないくらい小さな声で、
「いつもありがとう。」

私もついつい
「いえ、どういたしまして」って返して、はっと気づいた。

あれ?お話しができるやん。

その利用者さんについてスタッフから、「失語ですかね?何もお話しされないんですよ」と聞かされていた。

彼女が就寝介助の最後にあたる方だったことと、まだ時間も充分にあったので、ちょっとお話。

「寒くないですか?」
「少し肌寒いねぇ」
「じゃあパジャマを厚手のものに変えましょうか?」
「そんなこと聞いてくれはったのあなたが初めて」

その方は嬉しそうに、にこりとされた。

「お話しされるんですね♪」と私が返したら、その方は笑いながら一言。
「皆さん お忙しそうやからねぇ」って。

ありゃりゃ?
気をつかって下さっていたのね。

ひとしきりお話をさせてもらい、お部屋から出た私。

ふぅ~っとため息。
失語?違うんだよなぁ。

スタッフたちの言葉を鵜呑みにして、判断をしていた私も悪いんやけどね…入居者さんに気を遣わせていたんだなぁ。

介護は「おたがいさま」の気持ちが大事だと言うけれど、これはおたがいさまじゃないよね。

相手をもっともっと良く知ろうとしなきゃダメだね???

さいごに

紙に書かれたスタッフの日報や申し送りは大事な資料!でも、それだけを鵜呑みにするのではなく、自分の持つ力を使いながら目の前のこの人を良くしたい、良く知りたいと思うことが大事なことなのだと思います。

私は利用者さんとのエピソードを「小さな奇跡」と呼んでいます。このかけらを拾いあげることは最初からは難しいと思いますが、日々の訓練が力に変えてくれます。目と耳と鼻と口と手を使って、利用者さんを観察します。

利用者さんの「ありがとう」を引き出せるかどうかその鍵は、私たちが、その奇跡を拾いあげていくことにかかっているんだと思います。

この記事を書いた人

山川洋子

支援学級にて筋ジストロフィーやアスペルガーのある児童のケアをきっかけに介護と出会う。現在は医療法人松下会デイサービスエリクシールの生活相談員に従事。その傍ら、施設の業務改善アドバイザーを承ったり、地域で困っている方を、保険外でお手伝いしたり、外出サポートなども行う「チームおたがいさん」も行っている。介護福祉士、認知症介護実践者。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
認知症ONLINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。