体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小さいけどこれは確かに…『Sozaiのまんま コロッケのまんま』はコロッケをそのまま再現した奇跡のスナックだ!

 

おいしい惣菜は数あれど、必ず上位にランクインするのが“コロッケ”。まさに、おかず界不動のスタメンとも言える人気ぶりだ。そんなコロッケを、いつでもどこでも食べたいという願望を叶えてくれる夢のようなスナック菓子『Sozaiのまんま コロッケのまんま』がUHA味覚糖から全国発売されたと聞いて、さっそく試食してみることにした。

騙されたと思って食べれば騙される!? こ、これはまぎれもなくコロッケだ!

子供から大人まで、老若男女問わずに愛されるおかず・コロッケ。揚げたてのサクサクホクホクのコロッケには、夢がたくさん詰まっている。ただ、残念ながらコロッケは“揚げ物”ゆえ、いつでもどこでも手軽に食べられるといった物ではないのが玉に瑕。そんなコロッケを、いつでもどこでも食べたいという欲求を満たしてくれる画期的なスナック菓子が、UHA味覚糖株式会社(大阪市中央区)が開発した『Sozaiのまんま コロッケのまんま』(30g・希望小売価格 税抜138円・2017年9月25日発売)だ。なお、同社「Sozaiのまんま」シリーズの新ラインナップで、シリーズ第5弾の商品となる。

 
あわせて読みたい:『茸のまんま しいたけ 香ばし醤油味』椎茸がそのままスナックになった夢の低糖質菓子!

 

「Sozaiのまんま」シリーズは、文字どおり野菜などの素材菓子として開発されてきたが、調理されたものを採用するのは初めて。実際にコロッケを揚げ、スナックに加工したという斬新な発想に驚きを隠せない。

 

それでは、実際にどんな味なのだろうか。いや、コロッケの味なんだろうけど…

1袋30gあたり189kcal

パッケージの成分表を見ると、パン粉に乾燥マッシュポテトという表記が見て取れる。うん、これはコロッケだ。

1粒のサイズを小さく調整してある

中身は、小ぶりのコロッケスナックがゴロゴロと入っている。もちろん、普通のコロッケサイズでは食べすぎてしまうので、こうした調整をしているのだろう。

 

それでは、ひと粒口に放り込んでみる。

コリッという食感。なんというか、揚げ煎餅のような食感。ただ、食べ進めるうちにコロッケ独特の風味が口に広がる。うん、これはまさしくコロッケだ! ほんのりビーフの風味を感じることもでき、「Sozaiのまんま」の看板に偽りはない!

 

なお、余談だがUHA味覚糖の開発担当者によると、この「Sozaiのまんま コロッケのまんま」開発にあたり、リアル感と完成度に非常に苦労したという。駄菓子にならないよう、コンビニから有名店まで、あらゆるコロッケを食べ歩き、リサーチを積み重ねたとか。さすが、クオリティにこだわって開発しただけのことはある。まあ、「コロッケの食べ歩き」という仕事は楽しそうだなと思わなくもないが(笑)。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。