体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

後輩芸人と営業の合間に、スベッたあとの反省会に…ペナルティ・ヒデさんがお風呂愛を語る!【#幸せお風呂生活 Vol.1】

後輩芸人と営業の合間に、スベッたあとの反省会に…ペナルティ・ヒデさんがお風呂愛を語る!【#幸せお風呂生活 Vol.1】

忙しい現代人は、お風呂につからずシャワーでササッと済ませてしまうことが多い…。実家が銭湯の筆者としては、とても悲しいことです! 湯船に入ると健康や美容にもいいので、個人的には必ず湯船にお湯をためて入るようにしています。 そこでこの連載では、「お風呂生活」の良さを啓蒙するため、著名な方々のお風呂への愛やこだわりを語ってもらいます!

子ども時代から、サッカーに熱中した青春時代まで…… お風呂とともに成長してきた

初回に登場していただいたのは“お風呂好き芸人”として知られる、ペナルティ・ヒデさん!

最初にお風呂が好きになったきっかけはいつ? と聞くと、「たしか産湯につかってたとき……」と、いきなりボケてくれた。

「実際には、小学校に上がる前ぐらいですかね。12月31日に、兄貴が『近所の銭湯に行こう』って言ったんですよ。大みそかだから家もバタバタで、子どもが邪魔だったんでしょうね(笑)。子どもたちだけでも『行ってこい、行ってこい!』っていう時代。

そこで兄弟のコミュニケーションがあって、楽しかったんですよ。それ以来は毎年行くようになりました。思春期になってカラダがいろいろ変わってくる(笑)までは行ってましたね。ボクが中2、兄が高1かな」

ヒデさんは、当時の銭湯を“人生の教科書みたいなもの”だったと話す。銭湯で出会う大人たちに、マナーを教えてもらうことも多かったという。

その後、市立船橋高校、専修大学という名門のサッカー部でプレー。寮生活でも、お風呂に関する思い出は多い。

「大学の寮は共同風呂でした。1年生のころは、必ず最後に入る。上級生たちが入って垢の浮いた風呂につかって、全部掃除してから出る、なんて経験もしましたね~」

 

地方営業中に銭湯へ……芸人仲間とのコミュニケーションは“裸の付き合い”

「芸人になってからも、若手のころは、営業のワンステージめと、ツーステージめの合間に銭湯に行ってましたよ! マネージャーに『このへん銭湯ある?』って聞いたりして。

おととし北海道に営業に行ったときは、とにかく明るい安村、2700(現ツネハッチャン)、大西ライオンと銭湯へ行きましたね~。まわりのお客さんをこっそりネタにしながら『こんな○○はイヤだ』とか、大喜利みたいなことをしたんです。風呂だけに大スベリ(笑)してもお湯に流すということで……」

――みなさん、そんなに仲がいいんですね!

「いやいや、大西ライオンに至っては嫌いです(笑)。15年ネタをつくってない男ですよ。正月なんかグアム旅行でゴルフなんかして…(以下、省略)。まあ、そういう機会がないと、みんないい歳になって結婚もして、和気あいあいとすることもないですからね」

後輩芸人のチャド・マレーンさんと五反田で一緒に暮らしていたときは、「初詣のあと、近くにある『戸越銀座温泉』に行くのが恒例だった」というエピソードも。

ヒデさんのお風呂好きには、コミュニケーションに関する考えが根底にあるよう。

「ボク、スマートフォンは大好きなんですけど、ゲームやLINEをやらないんです。そういうモノになんのウェイトも置いていない。対面で会ったり、直接コミュニケーションするのが好きなんですよ。それが、お風呂だとすごく近づけるでしょう。だから風呂が好きなのかもしれないですね」

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会