ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

あぁ、甘いコーヒーもいいじゃないかと思った「シンガポール」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
あぁ、甘いコーヒーもいいじゃないかと思った「シンガポール」

多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。

そんなシンガポールに「だんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せている」と聞き、遊びに行ってきました。

前回行ったのは5年前。そのときはまだそういうコーヒー屋さんはほとんどなく、とにかくトロンと甘い味が定番でした。今回もいろんなコーヒー屋さんをまわりましたが、この旅で何となく「シンガポール=甘いコーヒー」の理由がわかったような…。

「暑い気候」と「甘さ」は
意外に合うのかも

やってきたのは「NYLON Coffee Roasters」。なぜか集合団地内の1階部分、しかもちょっとわかりにくい奥のほうにあります。

普通に歩いていたら絶対に見つけられない場所にある、というのも「知ってる人だけが来てくれたらいい」という勝負に出ている感じがして、グッときます。 あぁ、甘いコーヒーもいいじゃないかと思った「シンガポール」 店内はシンプルそのもの。無駄なものもなく、大きなカウンターテーブルがあるだけ。椅子も2〜3脚しかありません。そして「Roasters」と名が付くだけあって、奥には大きな焙煎機。しかも2機!あぁ、甘いコーヒーもいいじゃないかと思った「シンガポール」

肝心のコーヒーですが、本当ならドリップで味を見たいところ…でも、いかんせんシンガポールは暑い! ひんやりした夏のシアトルに慣れている私にとっては、湿度高めのサウナ状態(水風呂なし)。

こんななかでホットを飲んでも楽しめない、と思いアイスラテにしました。あぁ、甘いコーヒーもいいじゃないかと思った「シンガポール」

おいしいです。本当に。優しくて、ほろっと苦くて、ミルクの甘さととってもマッチしています。暑いのでアイスコーヒーがスッキリしていいかなと思いきや、甘いミルクがおいしかったんです。グッドチョイスでした。

でもあれ、ちょっと待って…。

今までラテが飲みたかったのは雨の日や曇りの日、寒い日でした。暑くて湿度ムンムンの日は、ミルクや甘い飲み物だと口の中がモワッとなる気がして、あまり飲む気になりませんでした。

なのに、「暑い気候と甘さ、意外に合うかも?」と急にハッとしたんです。

というわけで、次はシンガポールのそこら中にある「コピ」へ行ってみました。スタンダードがすでに甘いコーヒーです。そこからさらにカスタマイズする独特のスタイル。初めて行くと、注文の仕方にドギマギしてしまいます。

「OとC」って?

あぁ、甘いコーヒーもいいじゃないかと思った「シンガポール」

まずメニューでコーヒーを探すと「Kopi、Kopi O、Kopi C」とあります。知っていて当たり前と言わんばかりに「O」も「C」も説明がありませんので、あしからず。

「Kopi 」は普通のコーヒーかと思いきや、コンデンスミルク入りコーヒーです。「Kopi O」は砂糖入り、そして「Kopi C」はエバミルク入りです。

私は思い切って「Kopi C」にしてみましたが、デザート感覚でおいしかったです。暑い外にいる間は「さっぱりとした冷たいブラックで引き締まりたいな」って思っていたのが、冷房がガンガンに入っている室内に入ると、急に甘いのが欲しくなってしまうのはなんででしょう?あぁ、甘いコーヒーもいいじゃないかと思った「シンガポール」

これまで東南アジアでは、ペットボトルの緑茶を買えば、飲んだ瞬間に騙されたかと思うほど甘かったり、コーヒーも誰も頼んでないのに勝手に甘かったりで、茶葉とコーヒー豆を冒涜している!と思っていたけれど、その土地でそれが多くの人に愛され人気なのには、やっぱり理由があるんですね。

暑い国には甘めの飲み物が合うかもしれない予感、高まっています。

関連記事リンク(外部サイト)

長野県の「炭職人」が焙煎したコーヒー、飲んでみたくない?
今さら聞けない。アイスコーヒーとコールドブリューの違い
サードウェーブのきっかけは日本の喫茶店にあり【連載:とりあえず、コーヒー】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。