体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

我が家の4歳差兄弟。兄にできることは自分にもできると信じて疑わない次男にヒヤヒヤ by tomekko

こんにちは。tomekkoです。 前回のエピソード:親が本気出して挑む保育園の運動会。大人が全力で頑張ったり楽しんだりするってサイコーだ!by tomekko

突然ですが、なぜ我が家が4歳差兄弟かと申しますと、はっきり言ってワタシのキャパシティの問題でした。

1人でもいっぱいいっぱい、薄張りのガラス細工を抱いて玉乗りでもしているような緊張感で長男を育てていたワタシに、年子や2歳差なんて到底ムリムリ‼︎と激しく拒絶していました。

そのうちに仕事復帰。忙しくて2人目なんて考えられない!でまた1年、2年。

家で仕事をする働き方に変えてようやく、そろそろ2人目をという心の余裕が生まれたのでした。

f:id:akasuguedi:20171010123154p:plain

4歳差っていうと、上の子はもうオムツも外れイヤイヤ期も終わり、言葉でコミュニケーションも十分に取れるし…と、どんなにキャパの狭いワタシでも考えられるデメリットはほとんど無く、さすがに対応できるだろう!と思っていました。

うん、実際これまでは、かなり楽をさせてもらってたのではないかと思います。(tomekko調べ)

そう、これまでは…

ねんねやおすわりの頃は長男の行動とあまり接点がなかった次男ですが、でちでちと元気に歩いたり走ったり、アクティブに遊ぶようになってきたまさに今、4歳差育児の難しさに直面しています‼︎

第一の問題。

4歳差兄弟は、同じものに興味があっても、一緒には遊べない問題。

でも次男は、兄のやってることはなんでも同じようにやりたい。し、できると信じて疑わない点がまた厄介なのです。。。

f:id:akasuguedi:20171010124259p:plain

ブロック遊びなら一緒にできるかと思いきや、複雑にブロックを組み合わせて恐竜などの大物を作りたい長男に対し、ブロックは基本投げるもの、もしくは壊すものな怪獣次男。

防ぐ兄、ぐいぐい攻める弟。最終的に怖いもの知らずな次男が穏やかな兄の力作を破壊するのを放っておくのも不憫なので、次男を引き離したり長男をなだめたり。

でも次男は一緒に遊んでいるつもりなので、止められると気に入らず号泣して暴れ、大騒ぎになるのです。。。

次男の「お兄ちゃんと一緒」は遊びだけでなく食べ物飲み物、お出かけに座る場所…と全てに及ぶので、ここを調整かけるのは一苦労。

f:id:akasuguedi:20171010124356p:plain f:id:akasuguedi:20171010124439p:plain

休日など人手がある時には夫とワタシでそれぞれに合った遊びをしようとしますが、それでは不満な次男。高いところからジャーンプ!とか、アスレチックとか、短い足で兄についていこうとするのでヒヤヒヤです。

とりあえず今は長男に下のレベルに合わせた遊びをしてもらうことも多いのですが(というか本人もそれで十分楽しそう…)この先きっと、4年なんていう時間差はものともせず兄のできることをどんどん習得していくであろう次男の下の子あるあるに今から戦々恐々としています。。。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。