ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

indigo la End 対バンツアー【インディゴラブストーリーvol.2】開催決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
indigo la End 対バンツアー【インディゴラブストーリーvol.2】開催決定

 indigo la Endが、12月に対バンツアー【インディゴラブストーリーvol.2】を開催することを発表した。

indigo la End ライブ写真(全7枚)

 今回新たに開催が決まったこの対バンツアーは、恵比寿ガーデンホール・大阪BIGCAT・名古屋DIAMOND HALLの3会場で開催。それぞれのゲストアーティストは後日発表される予定だ。なお、本日2017年10月12日17:00よりチケットの先行受付が開始している。

 また、前回ファイナルを終えたばかりの全国ワンマンツアー【始藍】(台風の影響で延期となった岡山公演の振替は11月27日開催予定)。9月15日の大阪・なんばHatchを皮切りに、全7公演が行われた本ツアーでは、最新作『Crying End Roll』を中心としたセットリストが組まれ、ファイナルとなったZeppTokyo公演では、アンコール含め全21曲が演奏された。

 「indigo la Endです。よろしくお願いします」という川谷絵音の挨拶から始まったのは、アルバムでもオープニングを飾る「想いきり」。会場がノスタルジックな雰囲気に包まれると、ロックナンバーの「瞳に映らない」や「悲しくなる前に」、ミニマルでファンキーなダンスナンバー「ココロネ」と続け、さらには新作から、川谷のファルセットが印象的な「見せかけのラブソング」、ラテン風の情熱的な曲調を圧巻のアンサンブルで聴かせる「鐘鳴く命」を披露。序盤からバンドの多面性を見せつける。

 MCでは台風の影響でライブが延期になった岡山について触れると、川谷はギターをアコギにチェンジ。長田カーティスは「猫にも愛を」でe-bowを使い、「エーテル」では川谷と共にアコギを弾くなど、普段とは違った表情を垣間見せる。その後も、幻想的な空間を作り上げた「eye」、後鳥亮介のベースがリードするムーディーな「夢のあとから」と、しっとりと聴かせる曲でバンドの最新モードを提示。「夏夜のマジック」では思い思いに体を揺らすオーディエンスの姿が印象的だった。

 ここからはまたモードが変わって、佐藤栄太郎の変則的なビートに長田のライトハンド奏法が絡むプログレッシヴな「天使にキスを」、シアトリカルな雰囲気の中、川谷が切迫感のあるモノローグを聴かせる「End Roll II」でバンドのアヴァンギャルドな側面を打ち出す。技巧的なヴァースと抜けのいいコーラスの対比が鮮やかな「プレイバック」は、ラストで爆発するパートの高揚感がたまらない。

 サポートメンバーのえつことささみおを含むメンバー紹介を終えると、ファンにはお馴染みのロングMCに突入。川谷とオーディエンスのフランクなやり取りを楽しみにしている人もきっと多いことだろう。しかし、そんなゆるい雰囲気から一転、後半戦はヘヴィな「知らない血」から始まり、勢いそのままに始まった「実験前」のアウトロでは、フロントの3人がそれぞれエネルギッシュなソロを披露して、フロアからの喝采を浴びる。さらには「ワンダーテンダー」、「夜明けの街でサヨナラを」と、アッパーなロックナンバーを連発し、ラストは「インディゴラブストーリー」で本編が締め括られた。

 再びステージに現れた川谷は「ひさびさのツアーでお客さんに会えて嬉しかったです」と感謝の言葉を伝え、アンコールで「忘れて花束」と「渚にて幻(long ver.)」を披露。メンバーは最後の力を振り絞るかのごとく轟音をかき鳴らし、温かな拍手が贈られる中、2時間以上に及ぶ熱演が幕を閉じた。

◎ツアー情報【インディゴラブストーリーvol.2】
2017年12月8日(金)恵比寿ガーデンホール
2017年12月9日(土)恵比寿ガーデンホール
2017年12月19日(火)大阪BIGCAT
2017年12月20日(水)名古屋DIAMOND HALL
全会場 オールスタンディング
4,500円(tax in./D別/整理番号付)

チケット先行受付(抽選):
2017年10月12日(木)17:00~10月17日(火)

関連記事リンク(外部サイト)

ゲスの極み乙女。/indigo la Endでも活躍中! えつこソロプロジェクトのアルバム発売
indigo la End、ニューALより「想いきり」のMV公開
indigo la End「見せかけのラブソング」のMVを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。