ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

青山テルマ、福原美穂、鈴木ありさの「ハッピーな時」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

青山テルマ、福原美穂、鈴木ありさの「ハッピーな時」
J-WAVEがいま注目するさまざまなトピックをお届けする日曜夜の番組「J-WAVE SELECTION」。10月8日(日)のオンエアでは、LeSportsac日本上陸30周年を記念し、今年30歳になった1987年生まれのマリエがナビゲーターを務め、「LeSportsac NEW YORK FASHION JOURNEY」と題してお送りいたしました。ゲストも同じく1987年生まれの、青山テルマさん、福原美穂さん、鈴木ありささんです。

まずはスペシャルティ・ケーキデザイナー、鈴木ありささん。14歳頃から趣味でケーキ作りをスタートしたそう。大学は芸術学部でアートを学び、ニューヨークでケーキ作りの勉強をしました。

現在、大活躍中の鈴木さんですが、これまでで「思い出に残ったケーキ」は「ニューヨークで最初に作った13歳の女の子の誕生日ケーキ」。なんと400人分という大量注文で、5段重ねだったのだとか。そんな鈴木さんが、ハッピーを感じる瞬間は「ホームパーティーでお友達を呼んで、自分のやりたいことをやって、心地よい空間をつくること」なのだそうです。

続いて、アメリカの教会で歌った経験もある人気シンガーの福原美穂さん。ファッションの話題になると、「デニム好きで…この季節になると自分の体型に合うデニムを探していて。あと、5年以上着てるマックィーンのメンズコートがあるんですけど、今年大きいコートが流行るようなのでまた着てみたいです」と語りました。

福原さんは、昨年ご出産し、愛する家族と充実した日々を送っているそうですが、ハッピーを感じる瞬間は「子どもが保育園に行っているときに一人で公園に行ってボーッとする時」なのだそうです。自分だけの時間のは必要ですよね!

「子どもが生まれて…また違う目線で日本が見えたり、福祉のことが見えたりするので、自分の住む地域に根ざしたコミュニティーで歌を教えたり…ということをやってみたいのと、アメリカだけじゃなく世界のいろいろなところで、ミュージシャンシップを広げてライブができたら」と今後の抱負についても話してくれました。

最後は、音楽のみならず様々な活動が注目されている青山テルマさん。ファッションの情報源は街で出会った人とのこと。ニューヨークに行くと、街で出会った人に「これどこで買ったの?」と直接聞いて情報得るそう!

「普段、みんなが着ている洋服を見るほうがリアル。雑誌やトレンドよりも、『いいな』と思うものをキャッチするのが好きです」とのこと。この独自のファッション論が自身が編集長を務める「DREAM PAPER」にもつながっているのですね。

間もなく誕生日を迎える青山さんですが、「さらっと30歳になりたいです。あまり変わらないじゃないですか…でも、すごい変わりそうな気もするし…。目標はもうない(笑)。プランニングとかもしてない。子どもが大好きだから30代のうちに家庭は作りたいけど…あまり、決め事はしていないですね」と語りました。

そんな青山さんのハッピーを感じる瞬間は…

「ダラダラと一日過ごす時」とのこと「昔はライブをしている時と言っていたけど、緊張もするし、怖いときもあるので、本当にピュアな幸せとしては何もしてないのが幸せ」と心境の変化を明かしました。

ゲストそれぞれが30歳という人生の節目を迎えた現在の自分や、ハッピーな瞬間について明かしてくれたトークショー、さらにオンエアでは、青山テルマさん、福原美穂さんのライブパフォーマンスの模様もお送りしました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「LeSportsac NEW YORK FASHION JOURNEY」
放送日時:10月8日22時−22時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/jwaveplus/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。