体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

他人を見ずにはいられない…“脇見恐怖症”の原因と克服法

他人を見ずにはいられない…“脇見恐怖症”の原因と克服法
人の視線が気になることはありますが、逆に自分の視線が他人に不快と思われているかも…と感じたことはありますか?

その場合、もしかすると「脇見恐怖症」という病気が疑われるかもしれません。

今回は、「脇見恐怖症」の原因・症状・克服法などを、医師に解説をしていただきました。

脇見恐怖症とは 

視線を送る女性

対人恐怖症の一種で、自分の視線が他人に不快感や誤解を与えるのではないかという思いから、他人を見てはいけないと考えるものの、どうしても見ずにはいられない・見てしまうという恐怖感があるような状態です。正式な病名ではありません。

脇見恐怖症の原因 

赤面症

対人恐怖症

対人恐怖症は「恥の文化」を持つ日本に多いと言われています。恥の文化とは、アメリカ人学者が著書の中で提唱した日本文化の特徴で、世間体や外聞といった他人からの視線を気にするといったものです。

それに対し欧米は自分自身の内面からの評価を重視する罪の文化であるとされています。自分がどう思うかより、世間一般がどう評価するかによって評価を変えるということです。

これらの対人恐怖症は、突き詰めると、「自分に自信がない、自分には価値がないと思っている」という自己評価の低さと「他人は自分に危害を加えるかもしれない」という恐怖感が原因ではないかと思われます。

視線以外にも、対人恐怖症には以下の種類があります。

・醜形恐怖症:自分の外見が醜いために、他人に迷惑をかけていると思う

・自己臭症:体臭が不快感を与えているのではと思う

・赤面恐怖症:顔が赤くなっているのではと思う

・表情恐怖症:自分の笑顔は不自然に見えているのではと思う

・視線恐怖症:他人の視線が自分に向けられているように思っていたたまれない

脇見恐怖症の症状

視線を気にする女性 

道をすれ違う相手、電車で向かいや横に座った人、教室や職場で視界に入ってくる人について、相手から「何見てるんだ!」と因縁をつけられたり、不愉快に思われるのではないか、と考えてしまいます。どこを見ていたら他人を不快にさせないのかが分からなくなり、外出や他人と関わることが苦痛になります。

眼鏡や前髪で視線を隠すことで対応しようという人もいます。他人のしぐさを悪い方に解釈し、「あの人は私の脇見を遮るためにああいう行動を取っている」と考えてしまいます。そこからさらに想像が働き、他人の発言を「自分への悪口だ」と解釈すると言った方向に悪化することもあります。

自分の視線は他人とは異なり、電波のようなものを含んでいて、他人に強い不快感を生み出させているのではないか?という妄想につながることもあるようです。

病院での脇見恐怖症の治療法 

心療内科 
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。