体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

災害大国、日本を守る。 国内最大級の危機管理トレードショー開催!

 

「治安が良く平和」と評される一方で、自然災害の多い国として知られる日本。もしもの時のための対策が、命を守ることに繋がりますね。やはり、まずは最新情報を得ることでしょう。

 

東京ビッグサイトで10月11日から13日の3日間、危機管理産業展(RISCON TOKYO)2017が開催されています。13回目となる今回は340社530小間が出展。危機管理に関する分野の国内最大規模のトレードショーです。

 〈東京ビッグサイト〉危機管理産業展 RISCON TOKYO 2016
ポリスマガジン 2016-11-20 発売号
Fujisan.co.jpより

 

展示構成は「防災・減災ゾーン」、「セキュリティゾーン」、「事業リスク対策ゾーン」の3つに分かれており、指折りの企業が自社の製品やサービスをPRしています。さらに、最新のサイバー攻撃対策ソリューションが一堂に会した「サイバーセキュリティワールド」も同時併催。見所の多いイベントとなっています。

 

開会式では、株式会社東京ビッグサイトの石原清次代表取締役社長が登壇。先日起きたラスベガス銃乱射事件や北朝鮮のミサイル問題に触れ、「これらの脅威に対応するためにトピックスを発信していく。出展者はビジネスチャンス拡大と交流の場になれば」と話しました。

 

また、来賓として参加した川澄俊文東京都副知事は「東京はあらゆるリスクと隣り合わせ。連携を強化し安心の基盤を都で作り、2020年は全ての人が安心できるよう取り組みたい」と祝辞を述べていました。

 

※主催者と来賓によるテープカットも行われました

 

災害時の女性トイレ問題を解決するアーネストワンの「クレイドルキャビン」

 

防災・減災ゾーンで目に付いたのは市川海老蔵さんのCMで馴染みが深いハウスメーカー、飯田グループホールディングスの株式会社アーネストワン。広々としたブースに設置されたのは、災害時宿泊ユニット「クレイドルキャビン」です。

 

これは災害が起きた際の被災者への住宅供給の一つ。ユニック車をはじめとする様々な方法で運搬でき、設置後すぐにプライバシーが守られた環境で生活を始めることが可能になりました。

 

特筆すべきは女性のトイレ問題の解決です。被災地における切実なこの問題。「安心して使えるパウダールームやシャワーが欲しい」「災害時でも最低限の身だしなみを整えたい」などの要望に応えたのが「クレイドルキャビン」なのです。トイレのレイアウトを自由に変更することが可能で、授乳スペースなども確保できる、女性にとっては心強い空間となります。

 

トイレ・シャワータイプの外寸は幅4,000mm、奥行き2,440mm、高さ2,750mmと、ゆとりも十分。トイレは自動開閉式のウォシュレットタイプで、24時間換気システムを採用しています。

 

また、脚を伸ばして寝ることができる寝室タイプや、料理ができるダイニングキッチンタイプなど、種類も豊富でした。

 

 

救出ロボットや有線給電ドローンなど最先端技術も登場

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。