体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「大きな仕事も小さなメモから」365日使える格言・名言の数々!第21回『手帳大賞』発表

「大きな仕事も小さなメモから」365日使える格言・名言の数々!第21回『手帳大賞』発表

10月11日に、日比谷の帝国ホテルにて、高橋書店が主催する第21回『手帳大賞』の発表および表彰式が行われました。

 

『手帳大賞』は、実際に商品化することを前提とした手帳・日記・家計簿の斬新なアイデアを表彰する【商品企画部門】と、日常のふとした会話から、思わず手帳にメモをしたくなる言葉を公募する【名言・格言部門】の2部門からなります。

 

 

2016年9月1日~2017年3月31日の期間に募集された【商品企画部門】1,025通と【名言・格言部門】17,175通のなかから、“高橋をうならせる”アイディアや言葉をとらえ、見事受賞した作品は以下となりました。

 

【商品企画部門】 

「PDCA手帳」

仕事の進め方の基本と言われる“PDCAサイクル”を、一冊でわかりやすく管理できる発展型レフト式手帳。

 

※「普段から自分があったらいいなと思うことを詰め込んだ。手帳は未来を照らしてくれるもの」と喜びのコメントをする谷口和信氏。

 

【名言・格言部門】 

■大賞 「人数もおかずのうちだね。」

 

背景:ひとりで暮らしている82歳の母親が、誕生日祝いに集まった家族7人と食事をした際に、ふと口にした一言。

 

寸評:大勢で囲む食卓はにぎやかで楽しいもの。家族が集まることの大切さは普遍的。高齢者に限らず、誰にでも当てはまることだと思う。

 

※【名言・格言部門】の大賞を受賞された浅沼元子氏。

 

■審査員賞(泉麻人賞) 「電池の切れ目が縁の切れ目」

 

泉麻人氏コメント「パソコンやタブレット、スマホなど、モバイル機器をコミュニケーションツールとして使いこなす現代の世相を反映する一言であるが、“電池”というのが微妙に古くてアナログっぽい。そこが耳に残りました」

 

■審査員賞(椎名誠賞) 「ぼくは、あさがおをきびしくそだてる!」

 

椎名誠氏コメント「これは朝顔に水をやらない小学1年生の男の子が、それを注意した担任の先生に放ったひと言、とのことですが、自分の心に全く偽りなく自然にでてきた言葉だと思う。責任を回避しそうな大人にむけて、とても鋭くせまってくる一言だ」

 

■審査員賞(黛まどか賞)「大きな仕事も小さなメモから」

 

黛まどか氏コメント 「千里の道も一歩からといいます。歴史的な偉業や大発明も、日々の小さな発見やひらめきの積み重ねの上にある。小さなメモを大切に、人生の習慣にしたいものです」

 

■優秀賞2作品

 

「夫婦仲が良いのは耳が遠いおかげ」

 

寸評:この言葉の裏に長い夫婦の歴史を感じるとともに、この一言を発した方の明るさこそ夫婦円満の秘けつだと感じる。

 

「言葉発電」

 

寸評:「ありがとう」と言うと心が温かくなる。言葉の大切さや言葉の持つ力という価値をあらためて感じられる。大切な人に言葉で発電してゆきたくなる。

 

これからの20年にむけて節目の回に

現在、年間7000万冊ほどの手帳が販売され、空前の手帳ブームと言われています。高橋秀雄 代表取締役は「21年前には考えられない状況だった。これからも手帳文化の発展に貢献し、皆さまに喜んでいただけるような手帳を社員一丸となって作ってゆきたい」と挨拶。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会