ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

履歴書をラップで歌い上げたら、面接には進めた!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
履歴書をラップで歌い上げたら、面接には進めた!

もし許されるなら、一風変わったクリエイティブな履歴書を作ってみたい。少しでも他の応募者と差をつけるため、第一印象で一歩先を行きたいものです。

先日、LEGOで履歴書を制作したアーティストを紹介しましたが、今回はラップで自分の履歴書を提出してみたという、ちょっと無謀なグラフィックデザイナーを紹介。Dawayne Kirklandさんは、アメリカのウェブメディア会社Vaynermediaに採用してもらうため、“履歴書ラップ動画”をYouTubeに投稿しました。

ラップにするほど
必死なんです。


インターン経験は 豊富
ちゃんと卒業もしてるぜ 学部

パソコンなら俺に任せろ
ウェブサイト修正 イラストも可能

生まれつきじゃなく、ちゃんと行ったぜ、学校
でも毎日はちょっと疲れるかも

今は母と実家暮らし
でも仕事の為には巣立ち

ちゃんと持ってるぜ、Macbook
ちゃんと知ってるぜ、仕事のハック

伸び代はたっぷり ビジネスにどっぷり
空きがあるから応募したわけじゃない

批判を受け付けないほどの努力
傷だらけで頑張る、俺の魅力

もちろん、勝負の世界
でも分かってる、仕事のやりがい

俺がいたら企業は上場
雇ってくれなかったら、非難する社会
俺からは以上。

原曲はケンドリック・ラマーの『DNA.』。そして使用しているトラックはWocki Beatsから提供された『DNA.』のインストバージョン。ビジュアルはDawayneさん本人が、ケンドリック・ラマーのアルバムからインスパイアされてデザインしたらしい。

どうしても、
この会社に入りたい!

何故に、このような“履歴書ラップ”を作ったのか、本人に直撃してみました。すると、本人から熱意と自信が伝わる返事が来ました。

「履歴書ラップを作ろうと思ったのは、やっぱり他の応募者たちより目立たせたかったから。何百人というクリエイターたちがVaynermediaに応募しているはずだからね。僕の履歴書と自分のウェブサイトを更新している時に、履歴書ラップのアイディアが湧いてきたんだ」

「雇用者のGary Veeもヒップホップ好きだってことも知ってたし、僕の特技のラップも披露できるかと思って。そこでケンドリック・ラマーの『DNA.』を使用したのも、曲のリズムパターンと流れが僕の経歴にハマりそうだと思ってね。まだVaynermediaからの内定は出てはいないけど、面接の予定は立てられたよ。この会社に入れると信じてる」

自分の履歴書をどのようにその他大勢の中から輝かせるか、という挑戦から出来上がった自己表現。経歴を売り込むだけでなく、自分の特技も活かし、まさに自己PRとなったことでしょう。Licensed material used with permission by Dawayne Kirkland,(Instagram)

関連記事リンク(外部サイト)

履歴書は「何を書いていないか」もチェックされていた。
自己PRはLEGOで。これぞ、アーティストの履歴書。
「Google予測変換」で履歴書を書いてみたら…もちろん意味不明に(笑)。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。