体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

及川卓也さん・小久保浩大郎さんに聞いた《前編》──情報アクセシビリティを哲学する

今回のテーマは「情報アクセシビリティ」

アクセシビリティ」とは、その名の通り「アクセスのしやすさ」ということ。建築用語では、交通の便の便利さやバリアフリーという意味ですが、ことIT分野では「情報へのアクセスのしやすさ」という意味で使われることが多いようです。

Googleの経営理念には次の一文があります。

「Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです」

いまやGoogleだけでなくインターネットサービスの多くはこのような動きを進めています。

GoogleやIncrementsでの活動を通して「情報を整理する」ことに携わってきた及川卓也さん、そして同じくGoogleからCAMPFIREのCXO(Chief Experience Officer)へ就任した小久保浩大郎さんを迎えて「アクセシビリティ」について掘り下げます。

左から、及川卓也さん、小久保浩大郎さん

ナビゲーターは、哲学に詳しくないエンジニア代表・瀬尾浩二郎と、哲学に詳しいライター・田代伶奈が務めます。

そもそもアクセシビリティってなに?


今回はインターネットにおけるアクセシビリティについて、及川さんと小久保さんお二人と一緒に改めて考えてみようと思います。


まず、アクセシビリティってなんでしょうか?


インターネット上での「情報アクセシビリティ」とは、簡単にいえば「誰でも情報にアクセスできる」ということです。

個人的には、Webで一番重要なことだと思っているんです。実は僕がGoogleのオンサイト面接を受けた時の面接官が及川さんだったんです。

その時の最初の質問が「あなたにとってWebデザインで一番大切なことは何ですか?」でしたよね。僕はちょっと考え、「アクセシビリティ」と答えました。

株式会社CAMPFIRE CXO 小久保 浩大郎さん
1976年三重県生まれ。子供の頃の夢は画家か科学者。十代初めから電子工作やコンピューターで遊び始め、1996年アメリカ留学時にインターネットに出会ってしまう。複数のデザインエージェンシーやフリーランスを経て2011年3月Google入社。IAとしてAPACリージョン向けのCSRやブランディングプロジェクトに携わる。2017年8月株式会社CAMPFIRE入社。執行役員CXOに就任。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会