体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

芸術の秋!「DESIGNART 2017」の魅力に迫る

芸術の秋!「DESIGNART 2017」の魅力に迫る
J-WAVEの番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)。10月11日(水)のオンエアでは、J-WAVEの年間キャンペーン「WOW! TOKYO」から、10月のテーマ「アートを見に、体験しに、東京の街へ出よう。」にちなみ、翌週から開催されるアートイベント「DESIGNART 2017」の魅力に迫りました!

10月16日(月)から22日(日)までの7日間、表参道、原宿、渋谷、代官山、六本木をメイン会場に開催される「DESIGNART 2017」。世界中から集められたデザイン、アート、ファッション、食、テクノロジーなど、デザイン&アートが一堂に介する革新的なイベントです。オンエアでは、このイベントに出展するアーティスト、岩村寛人さんにお話を伺いました。

今回の「DESIGNART 2017」に、自身が手掛けた「中目黒 蔦屋書店」の壁画アートがフィーチャーされることとなった岩村さん。「本に囲まれ、コーヒーの匂いがする落ち着く場所なので、スターバックス コーヒーのアイコンである人魚や…白鯨といった本からくる物語、コーヒーの話を壁画に落とし込みました」と紹介していただきました。

さらに、「DESIGNART 2017」公式ガイドブックで、岩村さんとJ-WAVEとのコラボが実現しています。

「国立代々木競技場の第二体育館の屋根の部分を、夜に眺めたようなところ。丹下健三さんのこの屋根は彫刻的な要素があってすごく気に入っていた部分だったんですが、月が音符になっているのは、今回、J-WAVEさんの音という部分に絡めてみました」(岩村さん)

渦のような表現箇所は、指紋から着想を得たもので「すべての絵で絶対に同じパターンができないのが指紋にも近いと思います」とのこと。その他にもコラージュの手法や、カリグラフィーのペンを使用していることなど、制作方法も教えてくれました。

「DESIGNART 2017」の魅力については、「一つの美術館で行われている訳ではなく、街中でお祭りのように行われて…。展示されている場所自体も、アーティストが設計段階から参加しているものがあったり、アーティストがどれだけ街にコミットしているかが見れる、そういうフェスティバル」と語った岩村さん。普段、何気なく街中でみかける“アート”を、説明を交えてしっかりみる機会を得ることで、街中に溢れるアートに改めて気付かされたり、新たな発見ができるイベントになりそうです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会