ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

生まれてくる我が子への脳内メッセージを阻害したのは「ジュゴゴゴォ…」というあの音 byきたあかり

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

こんにちは、きたあかりです。 前回エピソード:10カ月もの間、はち切れそうではち切れなかったお腹の皮。いや「腹心の友よ」ありがとう。byきたあかり

帝王切開もいよいよ佳境に入りお腹の中をグリグリやられている間、赤ちゃんの事を考えていました。

f:id:akasuguedi:20170901143609j:plain f:id:akasuguedi:20170901143619j:plain f:id:akasuguedi:20170901143635j:plain f:id:akasuguedi:20170901143647j:plain f:id:akasuguedi:20170901143659j:plain f:id:akasuguedi:20170901143715j:plain f:id:akasuguedi:20170901143726j:plain

まだ見ぬムスメへの脳内メッセージから私を突如現実に引き戻したのは、吸引の音でした。羊水過多症だった私のおなかには通常3Kgほどの羊水が7.5㎏も入っていたそうで

しばらくの間ずーーっとジュゴゴゴォ…という音が手術室に響いていました。

その後はなんだかすっかり音に気がとられてしまい、

「…なんだか歯医者みたいだなあ。チクっとされて(麻酔)チュイーンされて(切開)ジュゴゴゴーってなんか…歯医者。超歯医者…」

などと考えていたら、腕に寄り添ってくれていた麻酔医さんが「あ!頭見えてきましたよ!」と教えてくれました。 関連記事:お腹が羊水でパンパン! 36週、原因不明の羊水過多で様子見入院に…

f:id:akasuguedi:20170630151342j:plain

著者:きたあかり

2016年6月にムスメを出産し、生後2ヶ月ごろからインスタで育児絵日記(@kita.acari)をつけています。ムスメの寝顔を見ながら寝落ちするお昼寝タイムが至福。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

早産→帝王切開
妊娠中に「深部静脈血栓症」を発症した私。血栓リスク20倍の緊急帝王切開に
緊急帝王切開後にまさかの激痛&てんかん発作。人生最大のストレスを感じた夜

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。