体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[かぼちゃの切り方]簡単&便利!料理別の切り分け方まとめ

[かぼちゃの切り方]簡単&便利!料理別の切り分け方まとめ

かぼちゃは夏が旬ですが、日々の食卓にイベントに、通年で活躍する身近な野菜です。しかし、硬くて生の状態では扱いづらいのが難点。切るのが苦手という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、料理研究家の高城順子先生に、ラクにできる料理別の切り方と、下ごしらえのコツを教えていただきました。※包丁は事前によく研いでおきましょう。

料理1[スープなどにする場合]硬いヘタを避けて切り分ける

硬いヘタを避けて切り分ける

丸ごとから切り分ける場合、包丁でヘタをくり抜くのには、かなりの力が必要です。上の写真のように、ヘタを避けた位置に包丁の中央部分を当て、「刃全体」で力が均等に入るようにし、半分に切ります。
 

切り方NG例

切り方NG例:ヘタの真上からはNG

ヘタの真上から切るのは、とても硬くて危ないので、やめましょう。

切り方NG例:刃先だけで切るのはNG

包丁の「刃先」だけを刺し込むと、包丁が抜けず、切りづらくなります。

半分にしたら、ヘタのすぐ近くに包丁の「刃先」を入れ、三角形に削ぎ取るように切り落としましょう。ヘタをとったら、1/4に切ります。
ヘタは包丁の先端で三角形に切り落とす

切るときは、必ず平らな面を下にする

置くときは平らな面を下に!

必ず平らな面(切り口)を下にして置き、安定させてから切りましょう。

1/4に切り分けたら、スプーンで種とワタをこそげ取り、一度水洗いします。ワタが残っていると煮崩れの原因になるので、できるだけきれいに取り除きましょう。
スプーンで種とワタをこそげ取る

さらに小さく切る前に、[3]をラップで包んで、電子レンジで少し加熱してやわらかくします。600Wの電子レンジで2~2分半(500Wの場合は2分半~3分)が目安です。様子を見ながら時間を加減してください。
ラップで包んで、電子レンジで加熱

1 2次のページ
VEGEDAY powerd by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy