ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『10月11日はなんの日?』ホール&オーツ、ダリル・ホールの誕生日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『10月11日はなんの日?』ホール&オーツ、ダリル・ホールの誕生日

 10月11日はホール&オーツとしての活動で知られるダリル・ホールの71歳の誕生日。

 ダリル・ホールことダリル・フランクリン・ホールは1946年10月11日、アメリカ・ペンシルベニア州生まれ。学生時代からの友人、ジョン・オーツとともにブルー・アイド・ソウル・デュオを結成し、1972年にデビュー。アルバム『ダリル・ホール&ジョン・オーツ』(1975年)、初の全米ビルボードNo.1シングルとなった「リッチ・ガール」(1977年)を筆頭に「イッツ・ア・ラーフ」(1978年)、「ウェイト・フォー・ミー」(1979年)など多数のヒット曲を生み出し、ブルー・アイド・ソウルの旗手として人気を博した。そして、1981年には「キス・オン・マイ・リスト」「プライベート・アイズ」「アイ・キャント・ゴ・フォー・ザット」の3曲を全米ビルボード・チャートのTOPに送り込み、その人気を不動のものに。AORブームを牽引するスーパー・デュオとして、全米はもちろん日本でも絶大な支持を獲得した。

 1991年にはデュオでの活動を休止し、各自ソロ活動やプロデューサーとしての活動へとシフト。ダリル・ホールはその間に2枚のソロ・アルバムを発表している。その後、ふたたび再結成を果たしたホール&オーツは、2000年代に入ってからも新作を発表、2014年にはロックの殿堂入りも。現在もお互いのソロ活動並行して、デュオでのコンサートをおこなっている。

関連記事リンク(外部サイト)

トッド・ラングレン、新曲「チャンス・フォー・アス」MV公開 ダリル・ホールとのコラボやニューAL、ツアーについて語る
【深ヨミ】アリアナ・グランデ、DL人気も獲得し“Hot Albums”首位に立ったベスト盤のセールス力を調査
デヴィッド・ボウイ、集大成CDBOX第3弾の日本盤特典公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。