体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラテアート世界チャンピオン・田中大介さんインタビュー 「バリスタを世界一の職業の一つにするため、僕には“チャンピオン”のタイトルが絶対に必要でした」

ラテアート世界チャンピオン・田中大介さんインタビュー 「バリスタを世界一の職業の一つにするため、僕には“チャンピオン”のタイトルが絶対に必要でした」 ラテアート 田中大介 コーヒー 世界一 バリスタ フロム・エー FromA ラテアート 田中大介 コーヒー 世界一 バリスタ フロム・エー FromA

18歳頃から音楽活動に没頭していた田中大介さん。10年間の活動後、プロを目指すことを卒業し、コーヒー業界に足を踏み入れました。“やるからには頂点を”という強い信念で、その後、「Coffee Fest Latte art world championship in Chicago 2015(2015 コーヒーフェスト ラテアート 世界選手権 シカゴ大会)」で世界チャンピオンに。田中さんが世界一を極めるまでのストーリーや、バリスタという職業に対する思いなどを伺いました。

 

音楽の道を諦め、たまたま辿りついたコーヒーの世界

 

――バリスタになったきっかけを教えてください。

10代の頃から、プロのアーティストになろうと音楽活動をしていました。客観的に見て“いい感じ”の存在にはなれましたが、プロで生きていける域には達せなかったんです。

音楽を諦めるまで10年の時間を費やしたので、疲れてしまったんですね…。それで「少しのんびり生きよう」と気持ちを切り替えました。そんな時にたまたまコーヒーの世界に出会い、カフェに勤めることになりました。

――後に、ラテアート世界チャンピオンに登りつめるわけですが、ラテアートに興味があってコーヒー業界に転職を?

いえいえ、全然(笑)。今でこそラテアートは、僕の人生で大事なものになりましたが、むしろ得意ではなかったんですよ。だって、「ハート」ができるまで1年、「リーフ」ができるまでは2年もかかりましたから(笑)。ラテアート 田中大介 コーヒー 世界一 バリスタ フロム・エー FromA 「国立オリンピック記念青少年総合センター」内の「ぴっころ」でラテアートの指導をする田中さん。

――へぇー、意外です!得意ではなかったのに、世界チャンピオンを目指そうと…。何かきっかけがあったのですか?

カフェに勤めて3、4年が経った頃、コーヒー業界そして、バリスタの地位の低さに気付きました。バリスタはとても素晴らしい仕事ですが、パイロットや医師などと比べると、やはり、過小評価されがちです。

なので、バリスタの地位を上げるためには、この職業にしっかりと向き合える人を増やさなければならないと思いました。店のスタッフに日々伝えるのも一つの方法ですが、多くの人の心を一気に動かせれば、近道になるだろうと考えたんです。

僕に絶対的な“何か”があれば、きっと大勢の人が僕の意見に耳を傾けてくれるはず。その絶対的な“何か”が、「ラテアート世界チャンピオン」のタイトルだったんです。

 

バリスタを世界でもトップレベルの職業の一つにしたい

ラテアート 田中大介 コーヒー 世界一 バリスタ フロム・エー FromA

――「ラテアート世界チャンピオン」を目指してからたった2年で実現されましたが、その原動力はなんだったのでしょうか?

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会