体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぷにぷに。ニャンコの手で肉球メイク

ニャンコの魅力は語りつくせないほどたくさん。

そのなかのひとつとして挙げられるのが、肉球のぷにぷにとした感触です。

ニャンコの肉球を、いつでもどこでもぷにぷにできたら…。

そんなニャンコラヴァー、肉球ラヴァーに朗報。

猫の手でファンデーションがぬれる「肉球シリコンパフ」

20171010_nekosume01.jpg

ネコスメ ぷにぷに猫の手ファンデ 12g 1,800円(税抜)

2017年11月1日(水)から「ミックコスモ」から「ネコスメ ぷにぷに猫の手ファンデ」が先行発売されます。

最大の特徴は、なんといっても猫の手の形をした「肉球シリコンパフ」。その愛らしさに、一目見たときから興奮してしまいました。

見た目だけでなく、感触も素晴らしい。ほどよい弾力で、押すたびに心が癒されていくのがわかります。

体温でとろけるメルティファンデーションで明るい肌へ

20171010_nekosme02.jpg

ピンクベージュのファンデーションを肉球シリコンパフにとり、肌にとんとんとなじませる。

すると、メルティタイプのクリームファンデーションが体温でとろけて、ぴったりと肌にフィットします。

コンシーラのように毛穴やくすみをカバーし、顔がワントーン明るくなるのが実感できました。

20171010_nekosme03.jpg

オリーブやマカデミア、ホホバ、ローズヒップの4種のセラミドと天然の植物油が配合されているので、メイクしながら肌にうるおいを与えてくれるのもうれしい。

肉球シリコンパフは水洗いができるので、いつでも清潔に使い続けることができます。

ニャンコの肉球でメイクができるなんて、夢のようなアイテム。メイクしているときも、そうでないときだって、ずーっとぷにぷにしたくなります。

ミックコスモ

撮影/グリッティ編集部 文/浦田昆

■ あわせて読みたい

「ひとり夜遊び」はアーバンシックな媚びない目もとで #東京コスメ
素肌もっちり快感。和食からヒントを得た「野菜コスメ」
くすみ、クマ、ニキビ跡…。肌悩みをカバーする素肌メイクをプロに聞いてみた
シャネルの世界観を六本木で満喫。新フレグランスが五感を刺激してくれる
外国人みたいなホリ深目もとに近づく、5色セットのアイシャドウ #30
9色で目もとをクリエイティヴに彩るM•A•Cのアイシャドウ #29
くすみや乾きを一掃してくれる、お直しに特化したアイシャドウ #28

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会