体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】凄いのにガチ安すぎる香港クルーズが凄い! 2泊3日で食べまくり遊びまくり3万円台から(笑)

01_GDR_Aerial_2

日本人はクルーズ船=豪華客船というイメージが強く根付いているため、クルーズ船の旅というのはセレブな大人たちが楽しむものだと思っている人が多い。

確かに費用だけを見れば安いものではないかもしれないが、その費用には何が含まれているのかを知ると、クルーズ船の旅が意外に身近なものであることがわかり、きっと一度は体験したくなるはずだ。

02_GDR_Aerial_5

・アジア最大のプレミアム船「ゲンティン ドリーム」
ドリームクルーズのプレミアム船「ゲンティン ドリーム」は2016年10月に就航したアジア最大のクルーズ船であり、客室数は1674室、全長335メートルという凄まじいサイズ感。船内にはさまざまな施設があり、まるでひとつの町が形成されているかのようである。実際、乗組員数は2千人を超え、乗客も3千人を超えて収容できるとあれば、町と呼んでも過言ではないのかもしれない。

・費用には宿泊費の他に飲食費や施設使用料も含まれている
クルーズ船の費用には宿泊費はもちろん、指定レストランでの食事費用やさまざまな施設の使用料、ショーなどの費用もすべて含まれている。そのため、基本的には追加料金を発生させずに船旅を満喫できると考えて良い。そして日本におけるフェリーの旅などを想像すると、宿泊費と言っても大広間で雑魚寝をするイメージを持っている方も多いかもしれないが、クルーズ船とはまったくの別物だと考えてほしい。

04_IMG_6890

「ゲンティン ドリーム」で最安料金が設定されているインサイドステートルームは香港発着の2泊3日プランで3万1850円から。ベッドはフカフカで寝心地もよく、部屋で寝るだけなら十分すぎるほどだ。もちろん部屋にはシャワーもついていて、水圧もまったく問題ない。

03_DSC_0769

筆者が今回宿泊した部屋はこちらのバルコニーデラックスステートルーム。香港発着の2泊3日プランで5万4200円からと、最安の部屋と比べると割高ではある。しかし約22平方メートルの広々とした空間が確保され、バルコニーからは常に海を一望できる。サンライズやサンセットを自室で寛ぎながら眺めることも可能とあれば、コストパフォーマンスはむしろ良いのではないだろうか。

もちろん他にもさまざまな部屋が用意されており、スイートルームに宿泊すれば専用のレストランやプールなども利用可能となり、さらに優雅な時間を過ごすことができる。

05_DSC_0896
06_DSC_0887
07_DSC_0888
08_DSC_0881

1 2 3 4次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。