体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BCGワクチンの目的とは?予防接種の時期・副反応・注意点を解説

BCGワクチンの目的とは?予防接種の時期・副反応・注意点を解説
赤ちゃんの時に受ける予防接種はいくつかありますが、有名なものの1つにでBCGワクチンがあります。

しかし、どのような目的で予防摂取をするのか、意外と知らない人が多いのではないでしょうか?

今回は、BCG予防接種の時期、気になる副反応(副作用)、注意点などを医師に解説をしてもらいました。

BCG予防接種の目的 

免疫

 結核に対する免疫をつけることです。BCGとは、結核菌に対する免疫を作らせる機能はあるが、結核を発病させる危険はないように処理された細菌のことです。これを体内に入れることで、結核菌への免疫を身につけることができます。

「ツベルクリン反応検査(ツ反)」とは、結核菌と似た構造を持つ物質を注射することで、結核菌への免疫を持っているかどうか調べる検査です。以前はツベルクリン反応検査を行って陰性(免疫がない)の場合にのみBCGを行っていました。

2005年に予防接種法が改正され、ツベルクリン反応検査なしに一度だけBCG接種を行うこととなっています。

BCG予防接種の時期

生後半年の赤ちゃん 

 接種する月齢は、時代によって変化しています。 

・2005年まで:幼児期・小学生・中学生

・2005年〜2014年:生後3〜6カ月の赤ちゃんに一回のみ

・現在:生後5〜8カ月の赤ちゃんに赤ちゃんに一回のみ

BCG予防接種の方法

 他の予防接種は細長い針で皮膚の下に注射するのに対し、BCG予防接種は、皮膚の上にBCG液を垂らし、その上から9本の短い針で皮膚に傷をつけるという方法が取られます。

BCG液は皮膚の下ではなく皮膚の中に植え込まれ、そこにある免疫細胞に接することで免疫が付くのです。一箇所に大量の液を打ち込むと、その部位での反応が強くなりすぎ、大きな痕を残すことから、多数の針で少しずつ液を皮膚に植え込むようになっています。

BCG予防接種後の副反応について

BCGの痕 

 インフルエンザなどの予防接種は、注射したその日から3日間程度、注射した部位に腫れや赤みや痛みがあり、その後引いていきます。

しかしBCG予防接種後の経過はそれとは異なり、一旦どこに針を刺したのかも見えない程度になります。そして10日後程度から、思い出したように針孔が赤くなり、3〜5週間程度してから腫れが強くなり、時には膿を持ち、かさぶたになり、そして乾いた傷痕になっていきます。

こういった反応が起こるのに約1カ月という時間がかかるのは、体が結核菌に接したことがなく、結核菌に対する免疫反応を学ぶのに手間取っているからです。

中には、針を刺したことに対する反応や、針孔に細菌感染を起こしたために腫れや赤みが起こっている場合もあり、本当に結核菌に感染しているのかは、ツベルクリン反応や血液検査などで確認する必要があります。

コッホ現象とは

BCG接種をする前に、どこかですでに結核菌に感染したことがあれば、体はすでに結核菌にどう対応するかを知っているので、BCG接種で植え付けられた菌に対して素早く対応し、接種後数日〜10日程度以内に強い腫れや赤み、膿が見られます。これがコッホ現象です。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会