ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ケイト・ウィンスレット、『アバター』続編でジェームズ・キャメロン監督と再びタッグ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ケイト・ウィンスレット、『アバター』続編でジェームズ・キャメロン監督と再びタッグ!

ケイト・ウィンスレットは、『アバター』続編に出演し、ジェームズ・キャメロン監督と『タイタニック』(1997年)以来のタッグを組むと、米『Deadline』が伝えた。

ケイトはロナル(Ronal)と呼ばれるキャラクターで続編に登場するという。しかし、続編4作品にどれくらい登場するのかなど、詳しい事は分かっていない。

キャメロン監督は、『Deadline』に次のように語っている。「私のキャリアで最もやりがいのあった作品の1つである『タイタニック』でのコラボレーション以来、20年間にわたって、ケイトと一緒に何か出来ないかと考えてきました。ケイトがロナルというキャラクターに命を吹き込むのが今から待ちきれません」

『アバター』第1作は、2009年に公開され、世界歴代興行収入1位を記録した。現在、4作の続編が一気に製作中で、その総製作費は10億ドルを超えると言われている。先日、第1作の主人公である元海兵隊員ジェイク・サリー(サム・ワーシントン)と先住民族ナヴィの女性ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)の間の子供たちなど、続編で活躍する新キャラクターのキャスト7人が発表されたばかりだ。

『アバター2』は2020年12月18日に全米公開を予定している。続いて『アバター3』が2021年12月17日、『アバター4』が2024年12月20日、『アバター5』が2025年12月19日に公開される予定だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

タイリース・ギブソン、『ワイルド・スピード9』の公開延期でドウェイン・ジョンソンを非難
『メン・イン・ブラック』スピンオフ作品が2019年に米国で公開!
初代ワンダーウーマンのリンダ・カーターがジェームズ・キャメロン監督を批判!
トム・ハンクス主演映画『マネー・ピット』の舞台となった豪邸のいま
フェリシティ・ジョーンズ、伝記映画で若き日のギンズバーグ米連邦最高裁判事役に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。