体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デンマーク人の幸福の秘密、「ヒュッゲ」。居心地のいいライフスタイルはどう生まれるのか?(前編)

デンマークといえば、世界でもトップクラスに幸福度の高い国。

そんなデンマークには「ヒュッゲ(Hygge)」という言葉があります。

日本語で「居心地の良さ」を意味しますが、「ヒュッゲ」にピッタリ合う日本語の言葉は、実はありません。しかし、彼らが幸福を感じる場所や時間には、常にこの「ヒュッゲ」があります

では、「ヒュッゲ」とは一体何でしょう?

『世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし』(大和書房刊)の著者で、北欧流ワークライフデザイナーとして知られる芳子ビューエルさんに、お話を伺いました。

その答えを聞くと、きっとあなたもデンマーク人のライフスタイルを真似したくなるはずです。

(取材・文/金井元貴)

■デンマーク人は「ヒュッゲ」があるから幸福を感じている

――芳子ビューエルさんが初めてデンマークを訪れたときの印象はどのようなものでしたか?

ビューエル:私が初めて仕事でデンマークを訪れたのは1998年の冬でしたが、そのときはとても寒くて、どんよりした雲が流れていて、「ああ、私は北欧に来たんだ」と思いましたね(笑)。ただ、夏に訪れるとその印象もかなり変わると思います。

――デンマーク人の国民性にはどのような特徴があるのでしょうか?

ビューエル:私はもともとカナダで長く生活をしていましたし、仕事で多くの国をまわった経験があるのですが、そういった国々と比較すると、飾らない、気取らない国民性ですね。一見、冷たい印象を持たれるかもしれませんが、付き合えば合うほど、フレンドリーに接してくれます。

――この本のキーワードである「ヒュッゲ」。これはデンマーク人の幸せにとって欠かせないもののようですが、一体どのような意味なのですか?

ビューエル:「ヒュッゲ」はデンマーク人を表現するうえで最も適した言葉かもしれません。ただ、どの辞書をめくっても日本語に上手く当てはまる言葉がないんです。英語で言うなら、「coziness(居心地がいい)」という単語が近いのでしょうけど、それとも少し違っていて、「楽しくみんなで集う」「心地の良い雰囲気を作る」という意味合いになります。デンマーク独特の言葉ですね。

――つまり、人が集まるところに「ヒュッゲ」があるということですか?

ビューエル:一人の状態で「ヒュッゲ」ということもなくはないと思いますが、人と共有する時間や空間から生まれる心地よさのほうが「ヒュッゲ」と言いますね。

――これは家族だけではなく、隣人や友人を含んでもいいのですか?

ビューエル:もちろんです。家族を大切にするのはもちろんのこと、隣人や友人も大切にします。ホームパーティーもよく開かれていて、同じコミュニティの人とバーベキューをしたりしていますよ。

――本の中にありましたが、ホームパーティーもゲストが手伝ったりするとか。

ビューエル:そうなんです。お友達の家で夕飯をごちそうになるときは、作るところから参加するんです。「自分はお客様だから」といって座って待っていると逆に浮きます(笑)。キッチンに立って料理の準備を手伝いながら、わいわいと過ごす。

――準備から一緒に楽しもうという雰囲気は素敵ですね。

ビューエル:でしょう。デンマークには「ねえ、ヒュッゲしない?」って言う誘い文句があるんですよ。「うちに来てみんなでわいわいしない?」みたいな。

■じっくり選んで買った椅子は自分の「居場所」

――デンマーク人は外に遊びに行くのと、家で過ごすのとでは、どちらが好きなのですか?

ビューエル:どちらも好きですが、日本人と比べると、外で過ごすということは少ないと思いますね。

――そうなると、ホームパーティーはうってつけですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会