体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人はメイク下手?海外セレブに流行中の整形並みメイク術

日本人はメイク下手?海外セレブに流行中の整形並みメイク術
日本人は美肌、色白と世界では思われています。筆者の住むアメリカ・ニューヨークでも、「日本人の肌のようになれる」と日本の化粧品は人気です。でも実際に、私たちは自分の肌に満足できているのでしょうか?

セルフィー(自撮り)を見て、ガックリしたことはありませんか

日本人はメイク下手?海外セレブに流行中の整形並みメイク術
セルフィー(自撮り)を見て、ガックリしたことはありませんか?
スマートフォンのカメラの性能が良すぎるのか、「目の下のクマ」「シミ」「ニキビ跡」が、こんなにクッキリと写っているなんて。Vサインを作っているこのオバさんは、いったい誰? これが自分だなんて信じられない。「ああ、見たくなかった」と思わず、画像を消去したくなることも。

欧米人の方がシミやそばかすは多い

日本人はメイク下手?海外セレブに流行中の整形並みメイク術
筆者の住むニューヨークでは、欧米人は顔を始め胸元・背中にそばかすやシミのある人が多く見受けられます。高温多湿の国である日本人は欧米人に比べて皮脂量が約20%多いと言われ、それゆえ肌水分も多く、シワができにくく、そばかす率も低いのです。

なのに、なぜ映画やテレビ、インスタなどで見る欧米人は美しいのでしょうか。

インスタ映えする整形並みメイク

日本人はメイク下手?海外セレブに流行中の整形並みメイク術
例えば、キム・カーダシアンは、「インスタ映え」するフォトジェニックさで、インスタグラムで103百万人のフォロワーを惹きつけています。御歳36歳ですよ。

「それは彼女が海外セレブだからよ」と言っては、話は先に進みません。彼女だって、みんなの心を掴むべく努力をしているのです。最近海外セレブの間では、コントロールカラーやシェーディングを使った、「整形並みのメイク」が流行中。キム・カーダシアンのメリハリと肌の透明感は、下地に色を置くことで完成しているのです。キム・カーダシアンがプロデュースしたメイクアップライン「KKW Beauty」のインスタグラムでは、下地でかなり補正していることが分かります。

さて、彼女たちは一体どのようにコントロールカラーを使うことで、劇的に変わる整形並みメイクを実現しているのでしょうか。

日本人にも使い易いコントロールカラーが誕生

日本人はメイク下手?海外セレブに流行中の整形並みメイク術
(C) コージー本舗のサイトから

本来肌質の良い私たちには凝ったメイクが必要なく、言い換えればメイク下手。カラーコントロールやシェーディングなど聞いたことがあっても、自分には使いこなせないと手が出ない人がほとんどでしょう。目の下のクマ隠しのコンシーラーでスティックタイプや筆タイプのものは便利ですが、思う以上にテクニックが必要。皮膚の薄い目の下のクマに、厚くコンシーラーを塗ったあとが目立つのはかなり興ざめです。

2017年9月1日発売のコージー本舗の「カバーファクトリー カラーコントロールベース」は、薄塗りでも理想の肌に仕上がり、初心者にも使い易い肌馴染みのよさ。肌色カスタムできる3色(グリーン、ブルー、ピンク)の化粧下地は、いずれもほんのり肌色へ変化するので、違和感もありません。しかも塗るだけで凸凹がなくなって、滑らか肌になるという優れもの。毛穴もカバーして、テカリ、崩れも防いでくれます。

イチオシのグリーン!赤みやニキビ跡をカバー → 小鼻やあごに

日本人はメイク下手?海外セレブに流行中の整形並みメイク術
(C) コージー本舗のサイトから

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。