ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

気絶するほどウマすぎて悩ましい「坊さんの気絶」ってどんな料理?【評判レシピ】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:edajun:20170928103107j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

本日は、旬のなすを使った「坊さんの気絶」のレシピをご紹介したいと思います!

うそみたいな名前の料理ですが、もともとはトルコの家庭料理で、おいしそうな匂いにお坊さんが気絶してしまった、という昔話に由来するんだとか。今回はエスニックな味わいにアレンジしてみました。ごはんにもおつまみにもぴったりな1品、さっそく作ってみてください!

エダジュンの「エスニック風坊さんの気絶」

【材料】(作りやすい量)

なす 3本 ベーコン(角切り) 50g トマト 1個(150g)(角切り) 玉ねぎ 1個(200g)(みじん切り) パクチー 1株 にんにく 1片(みじん切り) オリーブオイル 大さじ4

(A) ケチャップ、スイートチリソース 小さじ2 コンソメスープの素(顆粒) 小さじ1 塩、黒こしょう 少々

作り方

f:id:edajun:20170928103053j:plain

1. なすはしましまになるようにピーラーで縦に皮をむく。ボウルに水をはり、皮をむいたなす20分ほど浸してアクをとり、水気をしっかりときる。パクチーは茎の部分はみじん切りに、葉は1cm幅に切る。

f:id:edajun:20170928103046j:plain

2. フライパンにオリーブオイル(大さじ3)をひき、なすを入れフタをし、弱火でじっくりと焼き色が全面につくまで焼く。(焼き途中、フタを開けてひっくりかえす)

f:id:edajun:20170928103250j:plain f:id:edajun:20170928103100j:plain

3. 同じフライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひき、弱火でにんにくを炒める。にんにくの香りがたってきたら、中火で玉ねぎとベーコンを炒め、玉ねぎがしんなりとしたら、トマトとパクチーの茎を入れ、(A)で味付けをする。

f:id:edajun:20170928103111j:plain

4. 2のなすに縦に切れ目を入れ、3の具材を詰める。フライパンに戻し入れ、なすが半分ほど浸かるくらいに水(分量外)を加えて、フタをし水気がなくなるまでじっくりと煮込む。最後に、皿に盛りつけ、パクチーを添える。

トロトロなすと、具材たっぷりの野菜が食欲を押し上げる!

f:id:edajun:20170928103042j:plain

じっくりと焼き、煮込んだなすに、たっぷり野菜のうま味が染み込んで、うま味がギュッと詰まった1皿です。今回はスイートチリソースで甘辛さと、パクチーでエスニック風にアレンジしました。冷蔵庫で冷やしてから食べてもおいしいので、ぜひ出来立てとの差も楽しんでくださいね!

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。10/2(月)より、Eテレ 月~木曜 21:55~『まる得マガジン』でパクチーレシピの数々を紹介。番組で紹介するレシピを収録した『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)も好評発売中。 ブログ:パクチー料理研究家 エダジュン「パクチーに恋して」 Instagram:@edajun レシピブログ:管理栄養士 エダジュンさんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ホームページ:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年9月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

【まとめ】下北沢に来たら絶対に食べておきたいカレー10選【下北沢カレーフェスティバル】
Twitterで4000RT超!余ったジャムを一瞬でおしゃれなドレッシングに変える方法
東京・代々木八幡にできたお惣菜スタンド「ウエトミ」は、酒もツマミも超充実した昼飲み天国だった

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。