体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名古屋駅前「花かるた」の大盛りランチが、ボリュームも味も頼もしい【早い・うまい・盛り2倍】

f:id:Meshi2_IB:20170919095304j:plain

名古屋駅界隈には名古屋めしを食べさせてくれるお店がたくさんあり、どこにしようか迷ってしまうほど。

しかし、名古屋の玄関口という場所柄、旅行や仕事で県外から訪れる人が多いため、値段がやや高めに設定されている。

それは仕方がないにしても、私のような食いしん坊が納得がいかないのはボリュームだ。追加料金を払ってでもお腹がいっぱいになるまで名古屋めしを堪能したいと思うのは私だけではあるまい。

f:id:Meshi2_IB:20170915182920j:plain

そんななか、見つけてしまったのである。安くて、ボリュームがあって、うまい名古屋めしのお店を。しかも、JR名古屋駅太閤通口から徒歩1分とアクセスも抜群。それが「名駅宴処 花かるた」である。ここのランチがスゴイらしいのだ。

f:id:Meshi2_IB:20170915182933j:plain

ランチメニューは、定食や丼など20種類以上。手羽先唐揚げと海老フライ、味噌かつ、どて煮、名古屋コーチンプリンと5種類もの名古屋めしが一度に楽しめるのが「名古屋ご膳」(1,480円)。

おかずの豪華さもさることながら、注目すべきは、ご飯の盛り加減!

写真は大盛だが、まさにマンガ盛りなのだ。うれしいことに、定食のご飯大盛りは無料。名古屋めしは濃厚な味付けのものが多く、ご飯がすすみまくる。ゆえに、このサービスはありがたい。

プラス300円で量が倍増!

ここのランチの目玉は、丼もの。

f:id:Meshi2_IB:20170915182947j:plain

名古屋めしは後ほど紹介することにして、写真は人気の「海鮮ユッケ丼」(850円)の並盛。

ご覧のようにマグロやブリ、サーモン、ホタテなどその日に仕入れた海鮮が丼一面を覆い尽くしている。これでも十分なボリュームに見えるが……

大盛はこちら!(1,150円)

f:id:Meshi2_IB:20170915183009j:plain

ドーーン!

ご飯だけではなく、具も増量されるのでプラス200円の追加料金が必要になるが、この量なら十分モトが取れるってもの。

何よりも甘辛く味付けした醤油ベースの自家製ダレがうますぎる! 温泉玉子を潰して、黄身と絡めて食べてもおいしい。

えっ、ナニ? 並盛と大盛の違いがわかりにくいって!?

並盛(左)と大盛(右)を並べるとこんな感じ。

f:id:Meshi2_IB:20170915183034j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。